森繁久彌の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森繁久彌のプロフィール

森繁久彌、森繁久弥、もりしげ・ひさや。日本の俳優。大阪出身。学生時代から演劇部に所属。早稲田大学商学部在学中、軍事教練を拒否して中退。東京宝塚劇場(のちの東宝)へ入団。その後、NHKアナウンサー試験に合格し満州に渡る。太平洋戦争後帰国し、東宝の映画に出演。『社長シリーズ』で一躍人気者になった。

自分で暗中模索しながら身につけた。
【覚え書き|演技をどうやって身につけたのかを聞かれて】


泥沼から引きあげてくれる奴は必ずしも味方じゃない。また、泥を投げつけてくる奴も必ずしも敵ではない。要するに、どんなときでも大声で叫ばぬことだ。


人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。


森繁久彌の経歴・略歴

森繁久彌、森繁久弥、もりしげ・ひさや。日本の俳優。大阪出身。学生時代から演劇部に所属。早稲田大学商学部在学中、軍事教練を拒否して中退。東京宝塚劇場(のちの東宝)へ入団。その後、NHKアナウンサー試験に合格し満州に渡る。太平洋戦争後帰国し、東宝の映画に出演。『社長シリーズ』で一躍人気者になった。

ページの先頭へ