森章(経営者)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森章(経営者)のプロフィール

森章、もり・あきら。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田信託銀行(のちのみずほ信託銀行)を経て「森ビル」に入社。森ビル常務などを経て「森ビル開発(のちの森トラスト)」社長に就任。

道具が変わることに伴い、発想や考え方を変えることで、全く新しいものができる。


私はこれまで事業を行うにあたって、まず目標を設定し、それに合ったツールやシステムは何かという発想でビジネスを組み立ててきました。


優秀な人であるほど、自分の過去の学習方法にこだわってしまう。


新しいシステムを運用する際は、往々にして経験が邪魔をする場合があります。


不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。


基本的には自然体で。ただし、投資余力は十分あるので、いわば「攻撃的自然体」で臨んでいきたい。


新しいシステムの性能がもたらされる由来を知るより、その性能を何に、どのように活用すると有効な成果を得られるのか発想する力の方が重要。


既成概念にとらわれず、社会に必要なものを見出して目標を設定し、進化し続けるツールを活用し、時には必要な制度・システムを作りながら実現していくような柔軟な発想力を若い人に持って頂きたい。


日本は経験者を重視してしまう傾向がありますが、機械の進歩は飛躍的に進んでいます。経験や、今あるものから積み上げて発想しても、あっという間に陳腐化したり、時代に不適合となる可能性が高い。


これまで私達は「コンラッド東京」や「シャングリ・ラ・ホテル東京」、「ウェスティンホテル仙台」などを誘致しており、特に相手を決めずに、その場所やプロジェクトに合ったパートナーを選ぶことにしています。今後も特定の相手とのみパートナーシップを結ぶ考えではありません。


都市開発の面でアプローチするならば、ヒト・モノ・カネを呼び込める「都市の活力」づくりが重要。


森章(経営者)の経歴・略歴

森章、もり・あきら。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田信託銀行(のちのみずほ信託銀行)を経て「森ビル」に入社。森ビル常務などを経て「森ビル開発(のちの森トラスト)」社長に就任。

ページの先頭へ