森村市左衛門(6代目)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森村市左衛門(6代目)のプロフィール

森村市左衛門(6代目)、もりむら・いちざえもん。日本の経営者。森村財閥創業者。森村市左衛門は江戸時代から続く武器と陶器を商う森村家の当主が代々襲名した名前。安政の大震災で5代目までが築いた全財産を失いゼロからスタートする。その後、武器、軍需品を商い森村家を再興。陶器、養蚕、鉱山、金融などを行い一大財閥を築いた。日本銀行監事なども務めた。

人格の修養などと言って、いきなりお釈迦様や孔子様の真似をしようと思うても、我々にはなかなか難しい。我々にとって一番早い話はお互いに親切であること、これが最上の人格であると心得て大きな間違いはない。


森村市左衛門(6代目)の経歴・略歴

森村市左衛門(6代目)、もりむら・いちざえもん。日本の経営者。森村財閥創業者。森村市左衛門は江戸時代から続く武器と陶器を商う森村家の当主が代々襲名した名前。安政の大震災で5代目までが築いた全財産を失いゼロからスタートする。その後、武器、軍需品を商い森村家を再興。陶器、養蚕、鉱山、金融などを行い一大財閥を築いた。日本銀行監事なども務めた。

ページの先頭へ