森政弘の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森政弘のプロフィール

森政弘、もり・まさひろ。日本の工学者。東京工業大学名誉教授。専門は自動制御、ロボット工学。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、東京大学生産技術研究所助手、助教授、電気通信大学電気通信学部電子工学科助教授、東京工業大学工学部制御工学科教授、東京工業大学教育工学開発センター長、日本ロボット学会会長、ロボットコンテスト高等専門学校部門審査委員長、ロボットコンテスト高等専門学校部門審査委員長、ロボット創造国際競技大会中央委員会会長などを歴任した。日本におけるロボット工学と自動制御の第一人者。「不気味の谷現象」の提唱者。

効率や能率ばかりを追求していると発想が行き詰まる。ムダや遊びにも価値を見出すべきだ。


森政弘の経歴・略歴

森政弘、もり・まさひろ。日本の工学者。東京工業大学名誉教授。専門は自動制御、ロボット工学。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、東京大学生産技術研究所助手、助教授、電気通信大学電気通信学部電子工学科助教授、東京工業大学工学部制御工学科教授、東京工業大学教育工学開発センター長、日本ロボット学会会長、ロボットコンテスト高等専門学校部門審査委員長、ロボットコンテスト高等専門学校部門審査委員長、ロボット創造国際競技大会中央委員会会長などを歴任した。日本におけるロボット工学と自動制御の第一人者。「不気味の谷現象」の提唱者。

ページの先頭へ