森川徹治の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森川徹治のプロフィール

森川徹治、もりかわ・てつじ。日本の経営者。「アバント」社長。東京出身。中央大学商学部卒業後、プライスウォーターハウスコンサルタント(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)を経てディーバ(のちのアバント)を設立。

50歳までは走る。50歳以降は人を育てる。


ガバナンスに必要なのは透明性。情報によって、会社の透明性を向上させることが重要。


仕事で経営者に会うと「しんどい」という方が多かった。それは、人間関係や資金繰りに追われ、価値創造に力を向ける余裕がなかったことが要因。そこで、情報でその問題を解決し、価値創造できる環境を提供したいと起業しました。


森川徹治の経歴・略歴

森川徹治、もりかわ・てつじ。日本の経営者。「アバント」社長。東京出身。中央大学商学部卒業後、プライスウォーターハウスコンサルタント(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)を経てディーバ(のちのアバント)を設立。

ページの先頭へ