枡野俊明の名言

枡野俊明のプロフィール

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

枡野俊明の名言 一覧

1 / 3123

いずれチャンスは訪れます。そのチャンスを取り逃がさないために、日頃から力を尽くす努力をして、チャンスをつかむ準備を整えましょう。


今やらなければならないことに没頭することが、成果に結びつく。


今、この一瞬を一生懸命に生きる。このシンプルな考え方こそ、あなたを助ける最良の方法。


失敗した時ほど、マイナスをプラスに転じるように頭を切り替えることが何よりも大事。


人と比べて決めるものではなく、自分が良いと信じて選んだものこそ、幸せにつながる。


「人は人、自分は自分」と考えられれば、余計な不安を抱えずに生きていける。


一心に努めていれば、しかるべき時に必ず道は開く。


実践は格好の練習の場。時には、苦手なものに正面から立ち向かう勇気も必要。


積もった塵は、心の塵でもある。身辺を整えるということは心を磨き、整えることにつながる。


掃除は心を整えるためのスイッチ。何も考えず、ただ一心に掃除に打ち込む時間を持てば、くよくよした気持ちも拭い去られるはず。


一生懸命に考え工夫すれば、何かしら方法は見つかるはず。人間、窮地に追い込まれると頭を使いますから、知恵を振り絞ればいい。


指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める。


部下が自分を慕い、ついてきてくれるようになるには、指示を出すだけでなく、自ら率先して仕事に取り組む姿勢を見せることが重要。


人間が変えようと思っても変えられないものがあるという事実を受け入れられれば、不安や妬みなどの感情はすーっと引いていく。


余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる。


規則正しい生活を送り、生活態度を整えれば、疲れていても心が穏やかになるため、疲れが表面に出にくくなる。


人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。


世の中、思い通りに物事が進まない確率の方が高い。そうした現実に気づき、受け入れるには時間と経験が必要。


理想を目標にすれば、日々精進するための大きな原動力になる。


当たり前と思っていることが、いかにありがたいか。それを感謝する気持ちが持てるようになると、同じことの繰り返しだと思っていた毎日が、新鮮に思えてくる。


心が穏やかな状態だからこそ、集中して能力が出し切れる。


100%同じ価値観の人間などあり得ません。80%同じであれば御の字、通常は50%もいかないと私は思っています。


もし、周囲に学歴で評価する人がいるなら、器が小さい人だと思えばいい。ありのままの自分を受け入れ、自分の尺度で考えましょう。


他人の評価ばかり意識し、今をおろそかにしては、未来の高い評価にはつながりません。今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげてほしい。


一致団結して得られた成果は、個人で獲得した成果よりも、チームに与える活力は大きい。


自分の能力を高めることで、今の上司は評価してくれないとしても、未来の上司はきっと評価してくれるでしょう。


未来への不安はその人の妄想に過ぎず、実体がないものに不安を感じていても何の進歩もないと気づければ、今なすべきことに集中できるはず。


人を引きつける魅力とは、当人からにじみ出てくるものです。少なくとも魅力的に思われることを目的に行動する人には、備わりにくい。


何かの結果を求めて働くのではなく、日々の仕事をひとつひとつこなすことによって未来は開けるのです。ときにはいい加減な日があってもいい。完璧でなくても努力を継続するほうが、最終的には大きな目標に到達できるはずです。


過去の失敗がトラウマとなり、新しい仕事に踏み出せない人がいます。しかし過去は過去、悔やんだところで何も変わるはずはないのですから、放っておけばいいのです。


上司や部下に「どうも反りが合わない」と感じたら、尊敬できる面を探し、相手より先に褒めることです。褒められて嫌な人はいません。それどころか、褒めてくれた相手の長所を見ようとするものです。


肝の据わった人間になるには、自分のなすことひとつひとつを丁寧に、納得がいくように進めることです。極端な言い方をすれば、ひとつひとつの所作に命をかけるのです。


禅語に「常行一直心」という言葉があります。「直心」とは読んで字のごとく、真っ直ぐな心のこと。どんなときも、どんなことがあっても、清らかな心で目の前の物事に一心不乱に打ち込む。そうすると、ものごとの本質が見えてきて、自分の生き方に揺るぎない自信が持てるようになります。自信がつけば、周りの意見に振りまわされることはなくなるでしょう。


私は庭園デザイナーとして日本庭園をつくっていますが、初めてご一緒する庭師さんたちとはできるだけ早く信頼関係を築くように努めます。現場で地下足袋と軍手を身につけ、率先して動くこともあります。口先だけでは、誰も信順してくれません。禅では理論と実践が一致する「行解相応(ぎょうげそうおう)」を理想としています。「こんな庭をつくりたい」と自ら行動して初めて、周囲の人を巻き込むことができるのです。


失敗を恐れて、いまの能力でこなせる仕事をつづけても進歩がありません。能力以上の仕事に挑戦してこそ成長があるのです。難しい仕事にチャレンジすれば、一度や二度の失敗はあって当然です。


心の疲れを取り除き、気力を充実させるには、私たち禅僧の修行が参考になると思います。規則正しい生活を送り、姿勢と呼吸を整えるのです。禅僧は、起床から就寝まで毎日決まった生活を送っています。朝早くから掃除で身体を動かし、読経で大きな声を出し、腹式呼吸を繰り返します。腹八分で満腹になるまで食べることはありません。野菜中心の食事ですから、肌がきめ細かくツヤツヤしています。


この世にあなたと同じ人間はいません。同僚と成績を比べても意味がないのです。禅では、他と比較して心をとらわれることを「妄想(もうぞう)」と呼んでいます。対して、そこから自由になり、目の前のことに集中することを「莫妄想(まくもうぞう)」といいます。大きな成果は、我を忘れて仕事に没頭した「莫妄想」のときに得られるもの。自分が主体となり、いわば自分の色に仕事を染めることができた結果です。


人間関係につまずいたら、すぐに相手のせいにしてはいけません。自らを省みることが大切です。


禅では「前後際断(ぜんごさいだん)」といって、過去は過去、現在は現在、未来は未来と区別し、それぞれが連続したものではないと考えます。過去のことはいまさら取り繕うことができません。もう終わったことだと断ち切り、いまなすべきことに集中するのです。ミスを犯しても引きずってはいけません。目の前の仕事に必死に取り組むことが大切です。


本当に役立つ斬新な発想は、思いがけない瞬間に浮かんでくるものです。私目身の経験で言えば、庭園づくりに活かすアイデアは、お風呂に入っているとき、新幹線や飛行機に乗っているときなどによくひらめきます。じっと考え込むこともありますが、同じ場所で考え続けても、すぐに行き詰まってしまいます。


売上ノルマはいったん忘れましょう。その代わり、別の目標を立てるのです。この仕事は誰に喜ばれるかを基準に考えてみてください。


お客さんから信頼されない原因は、簡単に言えば、お客さんの立場になりきれていないから。相手の気持ちになることがヘソ(秘訣)です。


自分に合った仕事を求めて、会社を転々と移っていく人がいます。他人の仕事は楽しそうに見えるのに、自分の仕事にはなぜか興味がわかない。そうした人は次の会社に移っても、しばらくすると不満を感じてしまうものです。目の前のことに主体的に取り組めない限り、永遠に天職に巡り合うことはないでしょう。


「あの技術は彼にしかわからない」「彼女の司会はいつ見てもいいね」と、何かひとつ得意技があれば、その人は「職場になくてはならない存在」になります。仕事で何も見つからなければ、接待の宴会芸でもかまいません。大切なのは得意分野を見つけて伸ばすこと。自分だけでなく、同僚の得意技も見つけて褒めてあげれば、あなたの株はさらに上がるはずです。


目標を意識しすぎると「やらされ感」ばかりが膨らみ、仕事の楽しさや喜びが奪われます。売上は、必死に努力した結果、伸びていくもの。目を向けるべきは努力のほうで、結果ではありません。先に数字を掲げ、どうすれば達成できるかと考えるのは順序が逆です。


課題に対して必死に努力できるときは、自分のやる気など意識することはありません。要は、どれだけ主体的になれるかにかかっているのです。


オフィスで考え込んでもアイデアが浮かばないときは、気分転換に出かけるのが一番です。屋上で深呼吸し、運動する。公園を歩き、自然に触れる。そうやってぐーっと狭まった思考を広げるのです。


禅では心を整えるために、まず自らの所作を整えます。正しい立ち居振る舞いは、心を穏やかにし、充実した生き方の基本となるものです。「行住坐臥」とは歩く・止まる・座る・横になることですが、立ち居振る舞いの基本です。日常生活でまずこの四つを意識し、正しく美しく振る舞うように努めてください。例えば、歩き方。背中を丸めてうつむいて歩くと、考え方もネガティブになりがちです。胸を張って正面に目を向け、真っ直ぐに歩いてみましょう。デスクワークが多い人は、座っている姿勢を正しく保ってください。頭のてっぺんから尾てい骨までが一直線になるように意識し、背もたれに背中をつけないで座ります。正しい姿勢が保てたら、次に呼吸を整えます。臍下丹田(おへその下75ミリあたり)に意識を集中します。ポイントは息を吐ききることです。吐ききったら、あとは身体が自然に吸うのに任せます。呼吸の長さは一分間に7~8回が目安です。深い呼吸を続けると身体が温まってくるのがわかります。この腹式呼吸ができれば、正しい姿勢がとれていると思っていいでしょう。鏡を見て疲れが顔に出ていたら、まずは姿勢と呼吸を意識することから始めてみましょう。


病気は「気の病」と書くように、心と深く関係しています。心は、肉体にさまざまなかたちで表れてきます。次々と新しいことにチャレンジしていく人は、どれだけ忙しく働いても、見た目にも疲れを感じさせません。


自信がない自分を克服しようと、大それた目標を掲げる人もいますが、途中で挫折しては意味がありません。いまの自分にはほんの少し難しいこと、むしろ小さな目標を着実にクリアしつづけたほうが、滅多なことでは揺るがない確固たる自信が身につくのです。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

枡野俊明の経歴・略歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

ページの先頭へ