杉田玄白の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

杉田玄白のプロフィール

杉田玄白、すぎた・げんぱく。江戸時代の蘭学者、医師、教師。前野良沢、中川淳庵らとともにオランダの解剖学書『ターヘル・アナトミア』を『解体新書』として翻訳し、日本の近代医学の発展に大きく寄与した。同書は日本初の本格的な西洋書の翻訳書となる。また、医学と蘭学の普及のため天真楼塾を主催した。晩年に解体新書翻訳当時などについて回想した『蘭学事始』を出版した。

昨日の非は悔恨すべからず。明日、これを念慮すべし。


一滴の油、これを広き池水のうちに点ずれば、散じて満池に及ぶとや。


杉田玄白の経歴・略歴

杉田玄白、すぎた・げんぱく。江戸時代の蘭学者、医師、教師。前野良沢、中川淳庵らとともにオランダの解剖学書『ターヘル・アナトミア』を『解体新書』として翻訳し、日本の近代医学の発展に大きく寄与した。同書は日本初の本格的な西洋書の翻訳書となる。また、医学と蘭学の普及のため天真楼塾を主催した。晩年に解体新書翻訳当時などについて回想した『蘭学事始』を出版した。

ページの先頭へ