本田宗一郎の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田宗一郎のプロフィール

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

大人の言うことに従うのも悪くはないけど、若い人は自分を大切に考えることの方がもっと大事だろう。つまり、自分の得意な道を見出して進むことが重要なんだ。


僕に言わせれば、景気が悪くなったからと言って慌てるのは本来おかしいんだ。よく「治にいて乱を忘れず」というけれども、不況で騒ぐことより景気の良い時に何をやったかが問題だ。


不況だ、不況だ、と騒いでいるけど、この世の中に、景気、不景気があるのは当たり前のことなんだ。振り子が右に振れれば、次は左にゆれる。それでだんだん良くなるんだよ。


こころのなかに残っている不満をリストアップしてみると、ビジネスチャンスはいっぱいあることに気づく。すべての不満やクレームが新しいサービスのきっかけになる。


昔の話になるけど、ホンダが埼玉工場を建設した直後に松下幸之助さんが「見せてください」と言うのでご案内したことがある。この時は一般の人のように機械のこと、クルマ製造の技術などを説明してあげたんだ。この時、松下さんは「私は技術者じゃないから、よく分かりませんな」と言っていましたよ。ところが、じっくり見て回った後、たった一言、「本田さん、この商売は儲かりますね」とハッキリ言ったんですよ。これはね、松下さんは確かに車のことは分からないだろうけど、機械の配列、人員、作業工程の流れなんかを素早く読み取った言葉だったんだね。この態度は、僕たちも見習うべきだと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

本田宗一郎の経歴・略歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

ページの先頭へ