本庄八郎の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

本庄八郎のプロフィール

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

会社は、社員の失敗では絶対に潰れません。潰すのは社長の失敗です。ですから、社員は若い頃から縮こまらず、新しいことに挑戦し続けてほしい。


何をするにしても、国も企業も肚を括らなければ、何もできない。


伊藤園の基本は、ものまねはしないということ。


みんなが反対するものほど売れる。


自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない。


どの国でも、海外へ出ていく時は肚を括らなければいけない。投資したカネがなくなってもいい、というぐらいの覚悟が必要。


メーカーであり、小売りもやりますから、粗利も大きくなる。


セールスの基本は、自分を売り込むこと。では、自分の何を売り込むのかというと、信用、誠実さ、真面目さです。あいつは誠実だと思われれば、何でも売れるんです。


頭の良かった兄(本庄正則)と違い、できが悪かった私は、徹底して足で稼ぎました。伊藤園は、兄貴の頭と私の足で上手くいったんです。


最先端のイメージにすることは若者の就業を増やすためにも重要です。最先端と昔からの技術をうまく現代風にアレンジすれば、生産性の高い農業が可能ですし、若者があこがれる農業も実現できます。


子会社を再建するときは、トップは伊藤園から送り出しますが、役員は内部からどんどん引き上げていくというやり方です。現場の社員のやる気を出して、全体を盛り上げていくことが重要です。


再建を頼まれたことが始まりでしたが、引き受けた以上、きちんと再生させようと、我々のナンバー2を送り込みました。営業の総責任者を務めた人物で、彼がまずやったのは問題点の洗い出しでした。
【覚え書き|タリーズを連結子会社化した当時を振り返っての発言】


研究しなければ、お茶の基本が分からない。香りは何でできているのか、味は何でできているのか、細かい分析が必要です。そうやってお茶を知り尽くすことで、もっと良いお茶ができる。


営業のコツは自分を売り込むこと。最初は商品を売り込んでもダメ。毎日通って、誠意と誠実さ、一所懸命さ、つまり自分を売り込むしかない。それができてやっと商品の話を聞いてもらえます。


伊藤園はこれまで、世の中になかった商品をいくつも生み出してきました。それは営業が聞いてきたお客様の不満に耳を傾け、現場が失敗を恐れずに課題の解決に挑んできたからです。


直販の営業体制を作ってきたのも、兄と一緒に培った「誠実を売る」というセールスマンとしての鉄則を守るためです。問屋に頼るメーカーからは、我々の売り方はゲリラ戦に見えるでしょうね。広告をさほど打たずに、全国約200の支店で営業員が商品を足で売り込みヒットさせるのですから。


私たちの社是の冒頭には、「お客様を第一とし、誠実を売り」とあります。それは我々が守るべき一番大切なこと。そのため、新入社員の教育だけは今も私が前面に出ます。


本庄八郎の経歴・略歴

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ