木村康の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

木村康のプロフィール

木村康、きむら・やすし。日本の経営者。「JXホールディングス」会長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本石油に入社。新日本石油取締役、執行役員、常務取締役執行役員、JX日鉱日石エネルギー社長などを経てJXホールディングス会長に就任。そのほか、石油連盟会長などを務めた。

「当事者意識」「プロ意識」「変革意識」を社員に訴え続けています。着実に浸透していると感じています。


何をおいても需要不足です。ですから、新規需要の創出も含めて需要の拡大が最も必要。


当事者意識、プロ意識、変革意識を持つべき。


需要減の状況では、食べるご飯の量が減っているのに無駄に大きな炊飯器を持っているようなものです。合理的な会社にならないと社会は認めてくれませんから、どう対応していくかの選択が今後必要になるという状況です。


木村康の経歴・略歴

木村康、きむら・やすし。日本の経営者。「JXホールディングス」会長。熊本県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本石油に入社。新日本石油取締役、執行役員、常務取締役執行役員、JX日鉱日石エネルギー社長などを経てJXホールディングス会長に就任。そのほか、石油連盟会長などを務めた。

ページの先頭へ