木下尚江の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

木下尚江のプロフィール

木下尚江、きのした・なおえ。日本の男性作家、社会運動家。信濃国松本城下(のちの長野県松本市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、「信陽日報」記者や、社会運動家、弁護士などを務めた。その後、毎日新聞(のちの横浜毎日新聞。現在の毎日新聞とは無関係)に入社し言論活動を行った。

人は実に事業の糸によってのみ、自己を永く世界に織り込むことが出来る。


木下尚江の経歴・略歴

木下尚江、きのした・なおえ。日本の男性作家、社会運動家。信濃国松本城下(のちの長野県松本市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、「信陽日報」記者や、社会運動家、弁護士などを務めた。その後、毎日新聞(のちの横浜毎日新聞。現在の毎日新聞とは無関係)に入社し言論活動を行った。

ページの先頭へ