望月靖志の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

望月靖志のプロフィール

望月靖志、もちづき・やすし。日本の経営者。技術商社の「リニアテクノロジー」日本法人社長。米国ミネソタ大学卒業、ラ・サル大学修了。STマイクロエレクトロニクス(日・米)企業戦略マーケティング部門コンピュータ産業担当ディレクターなどを経てリニアテクノロジーに入社。同社日本法人社長を務めた。

デジタルが進化することでアナログも進化していく。アナログとデジタルを分けて考えがちですが、実は表裏一体。


土台がないのに小手先でいい製品をつくることはできません。


リニアテクノロジーには、「アナログ・グル(導師)」と呼ぶ世界トップクラスのアナログエンジニアが多数在籍しています。彼らの優れた知見や経験を広く伝えながら、アナログのうねりを業界に起こしていきたいと考えています。


職人技にも近い高度なアナログ技術がなければ、デジタルの性能を引き出すことができないばかりか、製品に価値を付けることができません。ところが、ほとんどの日本メーカーはデジタルにあまりにも傾倒しすぎて、本来は重要であるべきアナログ技術をおろそかにしてきました。これから日本が再び復活していくには、10年あるいは15年をかけてでも優れたアナログ技術者をもう一度育成することが重要です。


エレクトロニクスの分野でいえば、アナログ技術こそがカギになると考えています。ここでいうアナログとは、たとえば発熱の少ない電源回路を構成する技術、デジタル回路が発する電磁波ノイズを抑制する技術、自然界の情報をデジタルデータに正確かつローパワーで変換する技術、高密度に部品を実装する技術などを指します。


日本の家電業界やエレクトロニクス業界が凋落してしまったのは、デジタルが主流の時代になり、似たような製品を誰もが作れるようになってしまったことが大きな要因としてあげられるでしょう。価格ではアジア勢に勝てない以上、より付加価値の高いものづくりを目指していかなければならないのは明らかです。


当社では「お客様の難問を解決すること、それが私たちの仕事です」というスローガンを掲げています。難しい問題を追いかけていたら車載にたどり着きました。


先進的な領域で、自動車メーカーと直接お話をする機会が多くなりました。私たちも課題が直接聞けます。その課題に対して何を開発し、何を提供していけばよいのかが分かってくる。


デジタルがいくら進んでもよいアナログがなければ、適切な解がお客様に提案できない。高度なアナログ技術を持った人の知恵で新しい切り口を考えて解を提供していく。そこが当社の強みのひとつ。


望月靖志の経歴・略歴

望月靖志、もちづき・やすし。日本の経営者。技術商社の「リニアテクノロジー」日本法人社長。米国ミネソタ大学卒業、ラ・サル大学修了。STマイクロエレクトロニクス(日・米)企業戦略マーケティング部門コンピュータ産業担当ディレクターなどを経てリニアテクノロジーに入社。同社日本法人社長を務めた。

ページの先頭へ