有島武郎の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

有島武郎のプロフィール

有島武郎、ありしま・たけお。日本の小説家。大正時代、東京出身。札幌農学校(のちの北海道大学)卒業後、軍隊生活を経てハーバード大学に留学。帰国後、東北帝国大学農科大学(のちの北海道大学)英語講師などを経て白樺派の中心人物の一人として小説や評論で活躍。代表作に『カインの末裔』『或る女』ほか。

恐れることなく醜にも邪にもぶつかってみよう。その底に何があるか。もしその底に何もなかったら人生の可能性は否定されなければならない。


有島武郎の経歴・略歴

有島武郎、ありしま・たけお。日本の小説家。大正時代、東京出身。札幌農学校(のちの北海道大学)卒業後、軍隊生活を経てハーバード大学に留学。帰国後、東北帝国大学農科大学(のちの北海道大学)英語講師などを経て白樺派の中心人物の一人として小説や評論で活躍。代表作に『カインの末裔』『或る女』ほか。

ページの先頭へ