月照の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

月照のプロフィール

月照、げっしょう。幕末の僧侶。尊王攘夷派として活動した。西郷隆盛と親しく、西郷が病死した島津斉彬の後を追って自殺しようとするのを説得し思いとどまらせる。安政の大獄で追われる身となり、錦江湾に入水しこの世を去る。

男子、志を立てて郷関を出ず、学もし成らずんば死すとも帰らず、骨を埋ずむるに、あにただ墳墓の地のみならんや。人間いたるところ青山あり。


新着Tweet


おすすめ名言


月照の経歴・略歴

月照、げっしょう。幕末の僧侶。尊王攘夷派として活動した。西郷隆盛と親しく、西郷が病死した島津斉彬の後を追って自殺しようとするのを説得し思いとどまらせる。安政の大獄で追われる身となり、錦江湾に入水しこの世を去る。

ページの先頭へ