曽根原久司の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

曽根原久司のプロフィール

曽根原久司、そねはら・ひさし。日本の社会起業家。「NPO法人えがおつなげて」代表理事。長野県出身。明治大学政治経済学部経済学科卒業後、銀行でコンサルティング業務に従事したのち山梨県北杜市に移住。地域活性化に尽力。内閣府地域活性化伝道師、やまなしコミュニティビジネス推進協議会会長などを務めた。

大きなマーケットをつくっていくには、地産地消だけでなく、「外消」をいかに視野に入れていくかを考えるのが効果的。


出発点として地産地消は大切ですが、こだわりすぎるとその先が広がりにくい。産業ベースに載せるには外との連携も重要になってくる。


私たちの場合は、まず異分野の人や組織を集め、日ごろと異なる経験をしてもらうようにしています。例えば都内の企業に勤める社員が間伐体験をし、山梨県庁や林業者の話を聞く。そうした体験をした後にワークショップで話し合うと、新しいアイデアが生まれてきます。


北杜市周辺には、豊富な森林資源や広大な耕作放棄地が存在します。これを再生するには新しいサプライチェーンをつくり、新しい価値を生み出す必要がありました。そのためには、生産だけを担う従来型の農業や林業のやり方ではなく、地域外との連携が必要と考えました。


村と都市の企業が出会うきっかけづくりや活動の持続性を生み出すためには、両者の間に介在する私たちのような存在が必要だとよくいわれます。企業と地域は語る言語や志向が異なる。営利の追求がベースにある企業、公平性が求められる公共、「お互い様」という意識を強く持つ農村。これらの違いを理解しつつ、オブラートに包んで物事を推進していく存在は、自分の口からは言いにくいのですが、確かに、コーディネーター役は必要だと思います。


曽根原久司の経歴・略歴

曽根原久司、そねはら・ひさし。日本の社会起業家。「NPO法人えがおつなげて」代表理事。長野県出身。明治大学政治経済学部経済学科卒業後、銀行でコンサルティング業務に従事したのち山梨県北杜市に移住。地域活性化に尽力。内閣府地域活性化伝道師、やまなしコミュニティビジネス推進協議会会長などを務めた。

ページの先頭へ