春日潜庵の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

春日潜庵のプロフィール

春日潜庵、かすが・せんあん。幕末から明治初期の儒学者、政治家。奈良県初代知事。山城国(のちの京都府)出身。讃岐守を務めたのち、安政の大獄で永押込に処せられる。明治維新後、奈良県初代知事に就任。退官後は儒学を教えた。

人生で最初にやらなければならないことはたった一つ。それは志を立てること。


自ら責むること厚ければ、何ぞ人を責むる暇(いとま)あらんや。


春日潜庵の経歴・略歴

春日潜庵、かすが・せんあん。幕末から明治初期の儒学者、政治家。奈良県初代知事。山城国(のちの京都府)出身。讃岐守を務めたのち、安政の大獄で永押込に処せられる。明治維新後、奈良県初代知事に就任。退官後は儒学を教えた。

ページの先頭へ