春日一幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

春日一幸のプロフィール

春日一幸、かすが・いっこう。日本の政治家。岐阜県出身。名古屋逓信講習所高等科卒業後、名古屋中央電信局勤務、貿易商、春日楽器製造社長などを経て政界に進出。民社党結党に参加し、書記長、委員長などを務めた。

理屈はあとでいくらでもついて来る。まず動くことで勝機が出る。「あとで気がつく寝小便」では遅いのだ。


明治維新前後、期せずして維新の同志が現われたように、これが正念場と思ったら、恥を知り名を惜しむ者は出会えということだ。まず動いてみなければ何も始まらない。


新着Tweet


おすすめ名言


春日一幸の経歴・略歴

春日一幸、かすが・いっこう。日本の政治家。岐阜県出身。名古屋逓信講習所高等科卒業後、名古屋中央電信局勤務、貿易商、春日楽器製造社長などを経て政界に進出。民社党結党に参加し、書記長、委員長などを務めた。

ページの先頭へ