日蓮の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

日蓮のプロフィール

日蓮、にちれん。鎌倉時代の仏僧。日蓮宗(法華宗)の宗祖。安房国(のちの千葉県)出身。11歳で清澄寺の道善房に入門。比叡山・定光院に住し、俊範法印に就学。各寺へ遊学したのち、名を日蓮に改め法華宗を開く。鎌倉幕府に弾圧されながらも布教活動を行った。

禍(わざわい)は口より出でて身を破る、福(さいわい)は心より出でて我をかざる。


日蓮の経歴・略歴

日蓮、にちれん。鎌倉時代の仏僧。日蓮宗(法華宗)の宗祖。安房国(のちの千葉県)出身。11歳で清澄寺の道善房に入門。比叡山・定光院に住し、俊範法印に就学。各寺へ遊学したのち、名を日蓮に改め法華宗を開く。鎌倉幕府に弾圧されながらも布教活動を行った。

ページの先頭へ