斯波義将の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

斯波義将のプロフィール

斯波義将、しば・よしゆき。南北朝時代から室町時代の武将、守護大名。足利義満・足利義持2代の将軍に仕え、室町幕府の重鎮として活躍した。

昔、俊寛が罰された時、その邸宅は壊されることはありませんでした。罪があるなら人を罰すれば良いだけのこと。


立ち振る舞いによって、その人の品も心の底も見える。


人目のないところでも垣根や壁を人の目と心得て不作法なことをしてはいけない。


斯波義将の経歴・略歴

斯波義将、しば・よしゆき。南北朝時代から室町時代の武将、守護大名。足利義満・足利義持2代の将軍に仕え、室町幕府の重鎮として活躍した。

ページの先頭へ