後藤新平の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤新平のプロフィール

後藤新平、ごとう・しんぺい。日本の医師、官僚、政治家、都市計画家。陸奥国胆沢郡塩釜村(のちの岩手県奥州市水沢区)出身。須賀川医学校卒業。台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、帝都復興院総裁、外務大臣、東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長、東京放送局(のちのNHK)初代総裁、拓殖大学第3代学長などを歴任。計画の壮大さから「大風呂敷」と呼ばれながらも多くの仕事を成し遂げた。

人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう。


個々の病人を治すより、国家の医者となりたい。
【覚え書き|医師から官僚、そして政治家になった理由について語った言葉】


妄想するよりは活動せよ。
疑惑するよりは活動せよ。


ヒラメの目をタイの目に変えることはできない。
【覚え書き|台湾民政長官時代、台湾の経営方針について表現した言葉】


金銭を残して死ぬ者は下だ。
仕事を残して死ぬ者は中だ。
人を残して死ぬ者は上だ。


後藤新平の経歴・略歴

後藤新平、ごとう・しんぺい。日本の医師、官僚、政治家、都市計画家。陸奥国胆沢郡塩釜村(のちの岩手県奥州市水沢区)出身。須賀川医学校卒業。台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、帝都復興院総裁、外務大臣、東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長、東京放送局(のちのNHK)初代総裁、拓殖大学第3代学長などを歴任。計画の壮大さから「大風呂敷」と呼ばれながらも多くの仕事を成し遂げた。

ページの先頭へ