幸田露伴の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸田露伴のプロフィール

幸田露伴、こうだ・ろはん。日本の小説家。幕末、江戸出身。幕臣の子として生まれ、幼少期から漢学、漢詩などを習う。16歳で逓信省電信修技学校に入学し、卒業後電信技師として北海道余市に赴任。坪内逍遥の作品に出合い、文学への道を志す。退官し東京に戻る。その後、数多くの名作を書き上げた。代表作に『露団々』『風流仏』『五重塔』『風流微塵蔵』『天うつ浪』『芭蕉七部集評釈』など。

人生の事というものは、座敷で道中双六をして、花の都に到達するごときものではない。


幸田露伴の経歴・略歴

幸田露伴、こうだ・ろはん。日本の小説家。幕末、江戸出身。幕臣の子として生まれ、幼少期から漢学、漢詩などを習う。16歳で逓信省電信修技学校に入学し、卒業後電信技師として北海道余市に赴任。坪内逍遥の作品に出合い、文学への道を志す。退官し東京に戻る。その後、数多くの名作を書き上げた。代表作に『露団々』『風流仏』『五重塔』『風流微塵蔵』『天うつ浪』『芭蕉七部集評釈』など。

ページの先頭へ