平野洋一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

平野洋一郎のプロフィール

平野洋一郎、ひらの・よういちろう。日本の経営者。「インフォテリア」社長。熊本県出身。熊本大学工学部を中退し、熊本のパソコンソフトメーカー「キャリーラボ」でプログラマーとして活躍。その後、「ロータス」に移り戦略企画本部副本部長を務めたのち、インフォテリアを設立。

プランニングは当然1、2年後がメインですが、5年後を意識する癖がつくと、逆に目標に対して1、2年後やるべきことがよくわかる。


開発の人間も売ることを知らないと、自分の思うソフトを世に出せない。


会社を設立してまもなくすぐに倒産寸前の状態に陥ってしまいました。墜落寸前で踏みとどまれたのは、一緒にやってきた北原がいたからです。彼が開発担当で、商品が出来てくるのが見えていたので、出来るまででいい、だから何とかつなごう、それが私の役目だと頑張ることができました。


新着Tweet


おすすめ名言


平野洋一郎の経歴・略歴

平野洋一郎、ひらの・よういちろう。日本の経営者。「インフォテリア」社長。熊本県出身。熊本大学工学部を中退し、熊本のパソコンソフトメーカー「キャリーラボ」でプログラマーとして活躍。その後、「ロータス」に移り戦略企画本部副本部長を務めたのち、インフォテリアを設立。

ページの先頭へ