工藤公康の名言

工藤公康のプロフィール

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

工藤公康の名言 一覧

1 / 212

潔くなくても、往生際が悪くてもいい。どこまでも自分の衰えと戦い続けることで自分の可能性を最後の一滴まで絞り出す。それによって「自分自身」をまっとうすることができる。


自分で自分を諦めなければ、次々に新たな自分と出会える。一方、衰えのせいにして、自分を諦めてしまうと、日々、古びていく自分に幻滅することになってしまう。


人間は衰える。どんなに衰えたくないと思っても必ず衰える。けれど、自分の衰えを安易に受け入れるのではなく、衰えと戦うべき。徹底的に抗うべき。戦うのをやめた時点で、それが限界になってしまう。


20、30代のトレーニングの蓄積がその後につながる。高いレベルまで引き上げておけば、衰える曲線も、緩やかになる。


次の試合に挑むまでにどれだけの準備をしたかが、勝負を決める。


試合で打たれても、後悔したり悩んだりはしません。打たれた結果は変わらないのですから。それよりも、次どうするかを全力で考えることが大事。


若手を鍛えて、彼らがいずれ中堅やベテランを追い越し、レギュラーを獲るという新陳代謝ができないとチームは強くならない。


プロの世界で「ラク」を求める人は、やっていけるはずがないので別の仕事を探したほうがいい。


人から言われて教え込まれるのではなく、自分で気づいた選手のほうがはるかに伸びる。そのほうが自分で自分を伸ばす方法を考え続けるようになる。


具体策と、なぜそれをするのかという根拠を丁寧に話してくれる人は信用できる。


新人はいいところを見せようとして、つい飛ばしすぎてしまい、それが故障の原因になることもある。ガムシャラにやるだじゃなく、制御することも覚えた方がいい。


すべては自分がどうあるべきか、どうなりたいか。そこを明確にすれば迷いはなくなる。


目標を達成できないこともある。でも、本気で立てた目標に本気で取り組んだ結果なら、最大級の悔しさを手にできる。それが次の目標に向けての糧になる。


勝負なので確かに結果は大事です。だけど結果よりも、自分たちがどういう準備をしたのかという過程を大事にしています。


誰にでも可能性があるし、やればできると思ってほしい。でも、甘えていたり、すねている選手にはがつんと言いますよ。


プレッシャーがあるのは当たり前で、あとはそれを楽しむのか、押しつぶされるか。


いま、自分が置かれている真剣勝負の場所について、その状況を理解することが先決。ちゃんと理解できれば、自分はどうあるべきか。自分をどう見せればいいのか。それが見えてくる。


マウンドに上がっているときは何が起きようと、逃げも隠れもできない。何があっても、次の打者に投げなくちゃいけない。早く気持ちを切り替えるしかない。


プロ野球選手として生き残っていくためには、自分の強さを見せるべきだ。食うか食われるかの勝負の世界ですから。相手チームの選手はもちろんのこと、まずはチームメイトにもそう見せなくちゃいけない。


どうやって自分の武器をより確かなものにするのか。あるいは、一度失った武器をどうやって取り戻すのか。その道筋を明確にする思考を持っていれば、生き残っていくことができる。


武器を手に入れてもコンディションが悪くては宝の持ち腐れ。結婚を機に体質改善で、遊びも食事も控えて、肝臓を9年かけて治した。そうしたら、翌年16勝をあげることができた。


武器というのは、一度手にすれば、そのままずっと自分の手の中にあるものではない。武器はキチンとメンテナンスをして磨きをかけないと、消えてなくなってしまう。


目標の立て方が明確かつ適切であるほど、結果に向かって本気になれる。それによって得られるのは最大級の喜び、あるいは最大級の悔しさ。自分を成長させられる貴重な財産を手にすることができる。


最大の目標を達成するためにはどうすればいいのかを真剣に考えれば、自分が何をするべきかが見えてくる。最大の目標が定まれば、それに準じて「目標を達成するための目標」が定まる。


僕は現役時代、100%本気で「チームが日本一になること」を最大の目標として、個人のことは二の次だと考えていた。


40才を超えてプロの第一線で投げていると、試合の前後の過ごし方などを考えていかないと身体が持たないようになってきました。「やり続けることが維持すること」で、トレーニングし続けないとそれだけ力が落ちてきますね。


失敗やミスをした選手を怒ることはありません。失敗をしない選手はいないし、エラーしない選手もいない。僕だってホームランを打たれましたが、ほとんどが失投ですから。


不満を外に発信することは逃げ場を求めているだけで、何の解決にもなりません。矛先を自分に向けるべきなんです。そうすることで、自分の置かれた状況を正確に知ることができ、次に何をすべきかが見えてきます。


もっと野球がやりたかった。そう言って引退していく若い選手を見てきました。彼らはそのときに気づくんです。最初からもっとトレーニングをやっておけばよかった、と。


能力はあるのに気持ちが弱いために期待通りの働きができない若い選手が少なくありません。ほとんどの場合、具体的な目標を設定せずに、ただ言われた練習メニューを漫然とこなしているだけなのです。「自分は何をすればいいか、そうすることでどうなるのか」という問題意識がないために結果を残せず、どうしていいかわからず悩み、いずれ気力も失せてプロを去っていくのです。


子供のころ、僕のうちは貧乏で、洋服はもちろん、学校で使う習字道具から絵具箱に至るまで兄貴のお古でした。玩具を買い与えられたわけでなく、おやつもあるわけでなし。食卓で牛肉にありついた記憶は、ほとんどありません。しかし、貧乏だったことで、うちにこもってゲームに興じることなく野山を駆け回り、粗食が頑丈な肉体をる繰り上げました。そんな生活が気持ちを強くさせ、それを根本にこれまで頑張ることができたんだと思います。


僕には若いときに作った体力の貯金があります。入団当初、それこそいつ体が壊れてもおかしくないくらいの厳しい練習が課されました。また監督の方針で、キャンプも遠征先も玄米食。この時期があったからこそ、体力面で大きな容量を持つことができたんです。


「やめます」というのは簡単です。これからも、「続けます」ということを大事にしていきたいと思います。


たとえ現役が終わっても次の目標があり、叶えたい夢があるんです。それは、子供たちを育成するアカデミーの設立です。野球に限らない、いわば遊びの塾みたいなものです。きっと僕が積み上げてきた野球の経験を生かせるはずです。僕はいま、その夢に向かって、自分の体を実験台にして試しているといってもいいのかもしれません。


この年齢になると、心の部分だけが突出し、何が起こっても折れなくなりました。戦力外通告を受けても「ヨッシャー、次行くぞ!」って。単なる強がりや気合いではなく、周りが見えるようになったんだと思います。自分の状態もそれぞれの人や立場や考え方も冷静に見つめ判断し、よりよい行動に移せる。気力で体力を補うことができるということです。


限界ギリギリの練習を続けているときに、普段どんな食事をとっているかで差が出てくる。それはあると思います。


僕の場合、ランニングをしながら「今日何をやらなければいけないか」を考え、キャッチボールをしているときも実戦を想定しながら一球一球の感触をチェックし、どうすればいいかを考え、その都度修正しながら汗を流します。もう一度、一軍のマウンドで投げたいという気持ちがそうさせるのです。


振り返ると、這い上がるためのヒントは必ずあります。二軍に落ちたからクビだと思うのか、もう一度這い上がってやるぞと思うのか、どっちに考えるかで方向性も全然違ってくるということを知ることが大切です。


誰もが「一軍で活躍したい」「ゆくゆくはメジャーのマウンドでも投げてみたい」といった大きな目標を持っているはずですが、いきなりそこへ向かって進んでいくのは無理があります。まずは身近な目標をひとつひとつクリアして真の目標に近づいていく。そうすることがやる気をさらに起こし、目標を達成するプロセスになっていくんです。


きつい練習をするとき、やる前から「嫌だなあ」と思って臨んだら体は絶対については来ません。たとえきつくても覚悟を決めてやり続けることで、体力も自然とついてきて「嫌だ」という部分が消えていきます。さらに続けると体力の限界が近づいてきます。そこで心の葛藤が起こるはずです。葛藤に打ち勝ち、その壁を乗り越えられるかどうかが、その人がそこで終わるかさらにステップアップするかの試練なんです。ここで問われるのが気力です。


気持ちや気力ばかりが先行してもいけません。「心技体」という言葉がありますが、この3つのバランスを保ってはじめて納得のいくパフォーマンスにつながるんです。


子供のころ、父とのキャッチボールは嫌いでした。それを理由にやめてしまうのは簡単です。でも、自分には野球しかない。頭がいいわけではないし、ほかにこれといった特技があるわけでもない。野球の中に目的を設けて追い込んでいくしかなかったんです。


教えることなんてできません。本人にその気がなければ、何を言っても同じですから。
【覚書き:巨人軍時代の発言。ダイエー時代のように若手に指導しているのかと問われて】


「感情をコントロールする」と聞くと、器用さや柔軟さが必要だと思われがち。しかし、実際には、それよりも勝負(仕事)に挑む心の強さが大事で、その強さや自信を持つためには準備が必要だということ。


どんなスポーツ競技でも、どんな仕事でも共通するのは、そのチームで、誰のもとでどんな役割をしなければならないかということ。それがわからなければ、仕事をまっとうできないし、それ以上の仕事もできるはずがない。


練習に取り組む姿を通して、僕がいつも強い意志と誇りを胸に野球と向き合っていることを伝える。そうすれば、それを見た野手にも緊張感が生まれる。自分が磨かれていくと同時に、チーム力の向上にも繋がっていく。


なぜ打たれたのか。結果論ではなく、何が原因だったのかを、ちゃんと理解することも必要です。そのためにも、感情の切り替えは不可欠。感情を整理できないと、頭の中を整理することもできないので、打たれた原因を消化できないまま、次の試合のマウンドに上がることになり、さらなる悪循環に陥ります。


「あるべき自分の姿」が見えたら、是が非でも、その通りの自分であり続けようとすることで、少々のことではビクともしない感情の基盤ができるはず。そのうえで、局面に応じた感情のコントロールを実行すれば、そう簡単にはブレません。


武器を生む思考を持つことが、武器を作る出発点。そして、その思考自体が自分の強い武器になる。「もう、無理だ」と諦めるのではなく「1年後には必ずこういう自分になる。そのためには、これだけの努力をして、必ず自分の武器を手にするんだ」という思考を持つことが絶対不可欠。


自分が何をするべきか。それに気づき、自分を伸ばす方法を見つけ出した若手は目の色を変えます。叱責や体罰なんて受けなくても、自分で根性を出して最大限の努力をします。もっと自分を伸ばしたい、と思わせること。その時に、その方法・選択肢を与えることができれば、伸びていく。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 212

工藤公康の経歴・略歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

ページの先頭へ