川上米男の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

川上米男のプロフィール

川上米男、かわかみ・よねお。日本の経営者。住宅関連機器メーカーの「長府製作所」社長。福岡県出身。九州帝国大学農学部卒業後、埼玉県農林省農業試験場に勤務。山口県農業試験場に赴任し、主席技師を務めたのち退官して実業の道に進む。山口県農業会長府工場製造部長、山口県経済連(旧山口県農業会)長府工場(長府製作所の前身)工場長、専務取締役などを経て社長に就任。徹底した合理化、無借金経営、公私混同のない筋の通った経営を貫いた。また、財団法人川上米男奨学会を設立した。

従業員のやる気を起こさせるのが経営のポイントです。幹部が現場の人間より余計に働き報酬をとりすぎない。これ人使いのコツです。儲けを配当や報酬、給与だけに回さず内部留保を心がける。商品に魅力があれば交際費は不必要。そして秘書を連れて歩かねばならなくなったら社長をやめます。


川上米男の経歴・略歴

川上米男、かわかみ・よねお。日本の経営者。住宅関連機器メーカーの「長府製作所」社長。福岡県出身。九州帝国大学農学部卒業後、埼玉県農林省農業試験場に勤務。山口県農業試験場に赴任し、主席技師を務めたのち退官して実業の道に進む。山口県農業会長府工場製造部長、山口県経済連(旧山口県農業会)長府工場(長府製作所の前身)工場長、専務取締役などを経て社長に就任。徹底した合理化、無借金経営、公私混同のない筋の通った経営を貫いた。また、財団法人川上米男奨学会を設立した。

ページの先頭へ