岩下秀麿の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩下秀麿のプロフィール

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

「人の心」を大事にした経営をすれば、その会社の全従業員が充実した職業人生を送れるだけでなく、業績も格段に上がる。


知恵は本人が本気で会社に貢献するという気持ちになって初めて、出てくるものだ。


私は自分が何をすれば会社に貢献できるかをとことん考えていました。ひたすら考えていると、知恵が出てきます。


有言実行をすることが大事。自分が成し遂げた実績だけが、自分を守ってくれる。


既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。


我も人、彼も人。人間は経歴、肩書きと関係なく対等である。


読むだけでは駄目。実際に経営で実践することが大事。


人間は自分がやりたいと思うことに打ち込める時に、最大限の力が出る。その状態を、職場の中でいかに作り出すかが、トップの統率力の最大の眼目。


職場の一人ひとりがキラキラ輝く旗を自分の心に立てて仕事ができる雰囲気づくりに上司が徹していることが大事。


経営者自身が意識改革をして、社員一人ひとりが放っておいてもフル回転するような職場環境をつくれば、非常に豊かな時代が始まる。キーワードは、責任と貢献と実践。


ドラッカーも言っていますが、世の中には博識な経営者は多いが、効果的経営者は少ないのはなぜか。それは、知識は苦しい修練を通じてのみ、骨肉になるということを知るだけの経験を欠いているからであると。逆に言えば、知識は苦しい修練を通じて骨肉にして、初めて意義のあるものになるのだと思います。


フェアであれば、どこかで誰かが見ていてくれます。仮に失敗しても死刑になるわけではありません。昇給・昇格か遅れる、ボーナスが少なくなるくらいです。ですから、自分が信じることをやることが大切。


私が35~36歳の頃、新規事業を任されました。新規事業となると、人事部は強制的に全社の各部署に人数を割り当てますから、非常に個性の強い人間が集まります。正直非常に扱いにくいのです。さらに、補佐役には組合活動の最先鋭と言われた人が付きました。私のような青二才に、こうした人達を統率できる力はない。しかし、何月何日までに工場はスタートしなければいけない。100人の従業員に集まってもらい、自分の心の鎧兜を脱いで、裸になって「私は1人では何もできない。どうか、私を助けて欲しい」と訴えました。すると、私の補佐役の係長が立ちあがって、「わかった。現場のことは俺達に任せてくれ。その代わり、あんたは外部の干渉から俺達を守ってくれ」と言ってくれたのです。他のメンバーも同意の視線を向けてくれました。全員の心が一つになった瞬間でした。これが私の原点です。


私がドラッカーに傾倒したのは「人の心」こそ、最大の経営資源だという考えからです。私はその考えに魅入られて、生涯、この普及に携わりたいと考えてきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

岩下秀麿の経歴・略歴

岩下秀麿、いわした・ひでまろ。日本の経営コンサルタント。「東京アソシエイツ」代表。旧満州出身。熊本大学理学部化学科卒業後、旭化成に入社。旭化成川崎工場長、トステム経営者育成塾設立準備事務局長などを経て独立。経営コンサルタントとして活躍。

ページの先頭へ