山路敬三の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

山路敬三のプロフィール

山路敬三、やまじ・けいぞう。日本の経営者。キヤノン社長。東京大学理学部を卒業後、キヤノンに入社。ズームレンズの開発に携わったのち、30代半ばで非カメラ部門を担当。キヤノンの多角化に貢献する。その後、社長・会長を務める。日本テトラパック会長なども務めた経営者。

私が社長らしくない社長になって、大切なことには積極的に首を突っ込み、現場主義で行こうと考えたのは、当時からキヤノンにも大企業病のきらいが少し表れていたからだ。


山路敬三の経歴・略歴

山路敬三、やまじ・けいぞう。日本の経営者。キヤノン社長。東京大学理学部を卒業後、キヤノンに入社。ズームレンズの開発に携わったのち、30代半ばで非カメラ部門を担当。キヤノンの多角化に貢献する。その後、社長・会長を務める。日本テトラパック会長なども務めた経営者。

ページの先頭へ