山本強(経営者)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

山本強(経営者)のプロフィール

山本強、やまもと・つよし。日本の経営者。「地盤ネット」社長。大阪出身。関西学院大学法学部卒業後、証券会社、住宅メーカー、地盤調査会社などを経て地盤ネットを設立。同社を東証マザーズに上場させた。

旧態依然とした会社は長続きできない。


成功も失敗も縄のように表裏をなして繰り返される――。ベンチャー企業に限らず、経営者であれば誰しもその感覚を持たれているのではないでしょうか。


当社の経営理念は「生活者の不利益解消」。創業当時、地盤調査会社は山ほどあり、後発の我々が勝つには、反対の側に立つしかないと考えた。つまり生活者のほうを向こうと思ったのです。


地盤というものの認知度の低さという要因もあって、売り込み先でも全く理解されず、最初の2年間はほとんど売れませんでした。何とか食い扶持をつなぎながら、それでも何とかやっていくうちに軌道に乗り、上場も果たすことができた。


山本強(経営者)の経歴・略歴

山本強、やまもと・つよし。日本の経営者。「地盤ネット」社長。大阪出身。関西学院大学法学部卒業後、証券会社、住宅メーカー、地盤調査会社などを経て地盤ネットを設立。同社を東証マザーズに上場させた。

ページの先頭へ