山口周の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口周のプロフィール

山口周、やまぐち・しゅう。日本のコンサルタント。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修士課程修了。電通、ブーズ・アレン・ハミルトン、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、ヘイ・グループなどを渡り歩いた。著書に『グーグルに勝つ広告術』『天職は寝て待て』『外資系コンサルのスライド作成術』ほか。

残業を減らして浮いた時間を何に使うか。残業を減らす目的ともいうべき部分をまずしっかり定めることが大事。


仕事の無駄な時間を減らすためには「決断を迷わない」こと。迷った場合の判断基準を自分の中に持つ必要がある。


重要とは思えないことで何時間も悩む人もいますが、自分の中に絶対的な軸があれば、判断を下すに必要な時間は大幅に減らせるはず。


私の場合、「何がクライアントにとって最もいいことか」を判断の軸に置いている。それを最優先事項と考えれば、自分が取るべき行動はすぐ決定できる。


自分で自分をマネジメントする。そういった意識で仕事をすることが、残業を減らし、より良いキャリアを築く第一歩。


仕事にはサステナビリティ(持続可能性)も必要。上司から求められる水準がよくわからずに「とりあえず全力投球」していては持ちません。


情報を見るときは、視点を絞り込んだほうがいい。それでこそ、みんなが気づかないことに気づける。


仕事時間を短縮するために作業を効率化するというやり方は、基本的には効かないと私は考えています。それよりも、余計なことをやめることが重要です。


すぐに役立つ情報は、すぐに陳腐化する。知的生産に必要なのは、すぐ役に立つとは限らないが、なぜか自分の心にさざ波が立った情報。そうした情報が何かの瞬間に化学反応を起こして、新しい発想が生まれる。


資料にグラフを入れるとき、適切なグラフかどうかを判断する方法として、口頭で説明しやすいかどうか確認するというものがあります。口頭で説明しにくければ、適切なグラフでない可能性があります。より適切なグラフを心がけてください。


色数が多いスライドをつくりがちな方が初心者には多いのですが、基本的に白と黒の二色で100%の完成度にもっていけると考えてください。できないのであれば、そのグラフやチャートの内容に問題があるか、伝えようとしているメッセージが複雑すぎるかの場合がほとんどです。本当に伝えたい一点のほかは、大胆に単純化するか、消すことです。


スライドをつくるときは伝えたいメッセージにフォーカスを当てることは非常に重要です。


チャートをつくる際には、「プレグナンツの法則」を知っておくといいでしょう。プレグナンツの法則には、「近接の要因」というものがあります。これは、近くにあるものは同じグループとして認識してしまう、というものです。スライドも、同じグループのものを近くに配置し、違うグループのものとのあいだに距離を開けることで、わかりやすくなります。


顧客から時間を守るポイントは「顧客がうるさく言い始めると時間を取られる」ということ。そして、うるさく言い始めるのは不安になっているからです。だから、顧客を不安にさせないこと。


優秀だったはずのコンサルタントが、転職すると出がらしのようになって、ろくなアウトプットができなくなってしまうことがあります。自分が本来やらなければいけない勉強、考えなければいけない大事なことのために時間を使わず、会社や顧客のために時間を取られてきたからです。自分の時間を守りきれないとどうなるか、といういい例でしょう。


仕事はきちんとしなければいけません。けれども、どこかで線を引かないと、無限に時間を奪われることになります。


私が時間について考えるとき、いつも意識しているのは「世の中は時間を奪い合う競争であり、時間を取った人にお金が行く」ということです。


「何かをやめる」ことの重要性を私が強く意識するようになったのは、コンサルタントになって2年目、毎日2時間しか寝られないほど忙しかった頃のことです。当時、私はタバコを吸っていました。ビルの外の喫煙所までの往復時間を含めると、1本吸うために15分。1日に10本くらい吸っていましたから150分、2時間半もタバコに費やしている。ということは、タバコをやめれば睡眠時間が倍になると気づいて、私はピタリとタバコをやめました。これはややくだらない例ですが、本当に忙しいと「余計なことにかける時間を削ろう」という圧力がかかるものです。


「この局面で求められるクオリティは何点なのか」を見極めて、出力を調整することが大切。常に全力投球していては、評価されないムダな仕事が発生しますし、ここぞというときに力を発揮することもできなくなってしまう。


軍事では「戦力の逐次分散投入は愚策」と言われますが、情報収集も同じでしょう。アンテナを広げすぎると注意力が分散されて、何も見ていないのと同じ状態になってしまいます。ですから、情報収集のときには一定の方向に注意力のフォーカスを当てて、他は遮断することを意識したほうがいいと思います。


重要だと言われた資料も、躊躇せずにばっさり捨てます。今は大概のものは元のデータが保存されていますし、重要な資料は会社として保管していることがほとんどです。あとで必要になったらそのときだけ参照できればいい。使うかどうかわからないのに保管しておくのはムダです。


本棚を人文科学、社会科学、ビジネス書、小説の4つに分けて整理しています。本棚は自分の頭の中のアナロジーになっていて、本棚に置く本を時折入れ替えてあげないと、頭の中の情報もアップデートされません。ジャンルに分けていると、「今この分野がいっぱいになっているからスペースを作ってあげよう」とか、「この分野は余裕があるから情報を追加しよう」と可視化できます。


気になったところは転記するので、本そのものはなるべく捨てるようにしています。残すのは、あとで参照すると確信を持っているものと、事典的な使い方をするものだけ。引っ越しのときにそれ以外のものを一気に捨てたら、従来の五分の一くらいになりました。それでも困ったことはないですよ。


私の中で自伝はビジネス書の位置づけ。私の専門は組織開発や人材育成なので、とてつもないことを成し遂げた人が何を考え、自らのキャリアをどう切り開いてきたのかということが仕事のヒントになるのです。


まずは、残業を減らして浮いた時間を使って、自分がしたいことを見つけること。時間とは何にでも利用できるかけがえのない資本であり、投資の源泉です。時間とお金は同じ性質を持っていて、余剰時間をつくるという行為は貯金と同義。貯金も欲しいものややりたいことがなければ有意義に使えないように、余った時間もそれを費やすに値することを見つけなければ、無意味に浪費するだけ。


新着Tweet


おすすめ名言


山口周の経歴・略歴

山口周、やまぐち・しゅう。日本のコンサルタント。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修士課程修了。電通、ブーズ・アレン・ハミルトン、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、ヘイ・グループなどを渡り歩いた。著書に『グーグルに勝つ広告術』『天職は寝て待て』『外資系コンサルのスライド作成術』ほか。

ページの先頭へ