小飼雅道の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

小飼雅道のプロフィール

小飼雅道、こがい・まさみち。日本の経営者。自動車メーカー「マツダ」社長。長野県出身。東北大学工学部卒業後、東洋工業(のちのマツダ)に入社。車両技術部長、技術本部副本部長、執行役員 防府工場長、オートアライアンス(タイランド)社長、マツダ常務執行役員技術本部長、専務執行役員などを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

強みを放っておいて、弱みを克服することなんてできない。


顧客の期待に応え続けること、そこにマツダの挑戦がある。


全社・全部門で取り組まなければ、実現性のあるアイデアは出てこない。


「自分たちの強みはこれなんだ」と思うからこそ、社員たちは逆風にもめげず、開発に情熱を燃やせる。


モノ造り革新に終わりはない。


ブレずにやれば、どんな課題や技術的な困難も解決できる。


フル生産になっていない工場は、絶対に「名工場」にはなりません。生産台数を求められれば、トラブルに俊敏な対策をしないといけない。みんな知恵が回るわけです。


パートナーシップで一番大事なのは相手の求めることにしっかりと応える能力があるかどうかですね。相手に頼るだけでは成功しない。


我々の哲学は「走る歓び」。それを感じてもらえるクルマ作りにフォーカスしています。この点は、曲げるつもりはありません。受け入れてくれるお客様に今、買っていただいています。


一番大事なのはマツダ車を買っていただいたお客様にきっちりと満足してもらうことですね。次回もマツダ車に乗ってもらうことにつながる。


ブランド価値を強化するためのデザインの統一も、一目見てこのクルマに乗ってみたいという強烈なインパクトを与えることが大切です。そのために一切の妥協はしません。


新車開発では、生産部門のスタッフも企画段階から参加し、検討を重ねます。設計図ができあがってからプレス加工ができないと判断していては、手直しにコストも時間もかかる。生産と開発が早いタイミングで一体となって一緒に取り組めば、困難なデザインでも解決できます。


企業は黒字の時ほど危ない。右肩上がりに利益を求めすぎてはいけない。


売れないのなら、開発も加わって原因を検討し、改善の行動を起こします。今はそれがすぐにできる組織になっています。


マツダ全体にとってベストなことを決めさえすればいいんだ、という考え方を根付かせることが大切。


上司は、部下が安心して決断し実行できる状態をつくらなければならない。


持続的に成長を遂げるには余計なことをやらないことでしょう。会社が持つリソースは限られるので、一点集中でやっていきます。これからも。新興国専用車をつくることはないし、蛇足をやると失敗します。


4WS(四輪操舵)、フルタイム四駆といったホームランはあった。しかし、いずれも単発で終わってしまった。会社の中で組織の横断もなければ、次のヒットにもつながらなかった。現実として、いまはみな消えてしまっているわけで、こうした単発ではダメ。やはり、大切なのはつながりです。


「何百万台クラブ」とか色々言いますけど、そこに入るために無理をしてブランドをなくしたら、自分たちの役割というものを失ってしまうことになります。


広島東洋カープではありませんが、必ずしも4番打者の集まりではなくても、一自動車会社として、しっかりと広島に根ざす。たくさんのクルマのジャンルの中で、ある一隅だけを、しっかりと照らせる商品を出していきます。


あらゆる面でマツダの価値を提供する。これを続けていくことが我々のブランドの最も重要なところだと思うんです。海外からもディーラーのトップをお呼びして、我々の車の販売からサービスに至るまでの考え方を共有しています。ここを外しちゃいけない。


販売がしっかりと頑張れば、工場は必ず応えると思います。工場ってそんなものなんです。販売が力を付けて、クルマを「早く作ってくれ」という状態になった時にこそ、工場は活性化します。本来持っている実力以上の力を発揮します。


性能と製造原価の両方を最適にするために、R&D(研究開発)と生産技術が一体になって活動してきました。知恵を出し合って、マツダ全体で最適解を出す。我々は、我々の歩幅に合った研究開発や生産のやり方を見いだしたのです。


開発の初期に作る粘土細工(クレイモデル)と同じデザインを、量産車で作るのは大変です。でもそこは開発部門と生産部門がすり合わせて、かなり早くから金型やプレス成型の方法を考え始めているんです。今は設計が済むのとほぼ同時に、生産ラインの基本ができるようになってきている。設計図の反対側が金型ですからね。


2年続けて黒字を確保できましたが、我々の企業体質、財務体質はまだまだ脆弱で、改善の途上です。道半ばというか、まだ半ばにも差し掛かっていない。だから「最高益」という言葉はあまり使わないようにしているんですよ。
【覚え書き|同社の過去最高益を更新したときの発言】


品質問題が発生したら、何をおいてもそちらを優先し、迅速に対応する。常にお客様を頂点に置き、全体最適となる判断をし、収益は長期の視点でゆったりと見る。これがお客様視点の本質であり、現在の「マツダの戒律」です。


ともに企画し、量産し、販売するところまで全員が見届け、やり届ける。こうした「一気通貫」のものづくりを行なうと、生産から「こんなものはつくれない」と設計図を差し戻され、設計し直すといった無駄な手戻りもなくなる。


小飼雅道の経歴・略歴

小飼雅道、こがい・まさみち。日本の経営者。自動車メーカー「マツダ」社長。長野県出身。東北大学工学部卒業後、東洋工業(のちのマツダ)に入社。車両技術部長、技術本部副本部長、執行役員 防府工場長、オートアライアンス(タイランド)社長、マツダ常務執行役員技術本部長、専務執行役員などを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

ページの先頭へ