小泉英一の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

小泉英一のプロフィール

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

目の前の壁を乗り越えるために、思考のシフトチェンジが必要。


地域社会を巻き込んでパブリックカンパニーになることが、消費者にとっての安心安全を作っていくので、それを実現したい。


どういう自分が社長として部下から見て、かっこいいのか。やり方ではなくて在り方が重要。


得意なところを伸ばして企業の基盤を作り、新たなことにチャレンジしていきたい。


人が育っていない状況や基盤が弱い段階でチャレンジしてもうまくいきません。AI事業も強いところと組んで、お互いの強みを出し合ってやっていきたい。


事業ドメインとして「健康寿命延伸業」と掲げています。そこから逆算し、ベストな目標設定は何かと考えた時にIPOでした。株式上場はあくまで通過点ですが、それによりブランディングでき、知名度が上がります。


今思えばビジネスが軌道に乗り、天狗になっていた時期でした。もっと店舗展開をしていこうと、ちょうど集団から組織に変わるタイミングだったのですが、このまま進むことに何か違和感がありました。そこで3日間、思考の研修を受け、「私がすごいのではなくて、本当に多くの人に支えられて今の私があるんだ」と初めて気がつきました。翌日から部下に感謝を伝えられるようになりました。みんな驚いていましたけど(笑)。


このエントリーをはてなブックマークに追加

小泉英一の経歴・略歴

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

ページの先頭へ