小池百合子の名言

小池百合子のプロフィール

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

小池百合子の名言 一覧

1 / 3123

覚悟を決めて、退路を断って、前だけを向いて突き進む。そういうのが大好きなんです。そのほうがやるべきことに集中できますよ。


挑戦しないで、そこで歩みを止めるほうが怖いですよ。いつも勝算のないまま突っ走るんですよ。性格でしょうか。


そりゃ負けたこともありますよ。ずっと勝ち続けるなんて、人間、あり得ませんから。ただ、あんまり負けだと思ってないんですね。得難い、いい経験をさせてもらえたと、ポジティブに受け止める。


人生は一回しかないんですから、「あのとき、ああすればよかった、こうすればよかった」とクヨクヨするよりは、「よし、やろう」といったん決めたら、徹底してやったほうがいいじゃないですか。


どんなに大声で号令をかけても、理念を理解して共感し、率先して動いてくれる同志がいなければ改革は進まない。


ひとつひとつは小さな改革ですが、積み重ねれば大改革につながる。


なすべきことは山ほどあります。あらためて身近なところから、見つめ直す。磨き直す。「宝物」は身近にあります。


私が主唱した「クールビズ」でもそうでしたが、上から「せーの」で変わらなければ、日本の企業や組織は動かない。


私は常に、「ブルーオーシャン」を目指してきました。もしみんなが自分と同じことをやり始めたら、私は次の場所に行くのです。


政策は大義がなければ政策ではない。しかし、大義ばかり振りかざしていても、その大義は実行されない。


社会全体で大義を実現していくには、「面白い」「楽しい」「かっこいい」といった「共感」が必要。共感があって初めて、実行できる。


不平を言うのは結構ですが、それで何かが変わるわけではありません。だからこそ、自らがコミットすることが大切なのではないでしょうか。


計画を立てて、1つずつ実行していく。それが私の基本的な考え方、生き方。そうしたことをずっと続けてきた結果、気づいたら都知事になっていた。


「こうすればいいだろう」「こうすればもっとみんな楽になれるのに」。そんなふうに24時間、いつも何かを考えています。懸命に考え、仕事をしているのです。


人生の豊かさは「忘れ得ぬ時をいくつ持っているか」で決まる。日々の流れの中で、たくさんの「忘れ得ぬ時」を持っている人は、「忘れ得ぬ人」にもなるのではないか。


「みんながやることをやっていれば安心だ」というのは大きな間違い。皆がやることは当たり前すぎる。そこにプラスアルファで何をするのか。そうしたことが問われる。


スケジュールは、限られた時間の中で効率よく進める。その一点に尽きます。スケジュールは、「15分単位で事を進める」ようにしています。


「できない理由」ばかりにとらわれてしまえば、改革は始められない。そこで諦めるのではなく、「希望」を持って、できることからやる。そう考えて積極的に対応すれば結果は変わる。


肝心なことは、「自分がどう思うか」ではなく、「周囲がどう評価するか」。


日本の組織を変えるには、ボトムアップよりもトップダウン。トップが率先して動く必要がある。


世界をリードするためには、明確な目標と戦略を描き、それを実行する力が必要。


執行するタイミングがズレてしまっては、政策は正しくなくなる。


知事になっても24時間、何かを考えてます。次は何しようかなとか、ああしようかなとか(笑)。それが楽しいのです。


守るべきは断固として守り、変えるべきは勇気をもって変える。


役所の都合ではなく、市場の声に耳を傾け、官民の知恵を集めれば、必ず突破口は開けるはず。


唯一、東京に足りないものは「希望」。今日よりも明日のほうがいい。みんながそう信じ合えることが、何よりも大切。


やらずに後悔するよりは、まずやってみてほしい。ダメならダメで次にがんばる土台だと思えばよい。やらずして後で悔いるのはもったいない。


政治家にとって大事なことは、どんな立場になろうとも大義やミッションを忘れないこと。そこは初当選以来ずっと変わっていないつもりです。


政治家をやっていると、追い風も向かい風もある。バタッと風が止まるときもある。そのときは、崖から飛び降りてでも自分から風を起こせ!


時にはイチかバチかの決断をすることで、大きく前進できる。


人生を懸ける大一番のときがきたのに勝負に出ないというのでは、一体何のための人生でしょうか。


出る杭は打たれるもの。頭抜けてしまうと、今度は新しい世界が目の前に広がるチャンスもあります。


嫉妬への3つの対処法

  1. 出る杭は打たれるもの。出すぎて抜けてしまえ。
  2. 嫉妬する人を自分に取り込め。
  3. 放っておけ。

都知事選は勝機はあると信じて、ただただ進めました。このあたりはうまく説明ができませんが。神様が降りてきたとしか言いようがないので。とにかく覚悟を決めて戦いました。


一本の映画を字幕なしに何度も観ることは、英語学習のレベルをグッと高める。生きた英語を音で捉えることと、教科書や参考書を通じて英語を目から学ぶことは、全く違う。


会社人間が評価される時代はもう終わり。これからは短時間で効率よく仕事ができる男性こそが「デキる男」と評価されるべきです。雇う側も働く側も思い切った意識改革が必要ですね。


リーダーの側から常に積極的な声掛けをして、コミュニケーションをとるべき。


都知事として初めて編成した予算案を発表しました。ここで心がけたことも「メリハリ」。無駄は徹底して排除する一方、必要な施策には思い切って予算を配分しました。


「マーケティング目線」をもって、常に自分の価値を磨かなければ、市場で埋没してしまう。「私は頑張っている」ではなく、「周囲にどう評価されるか」が重要。


伝統工芸を守るためには、ビジネスとして利益の出る仕組みを整えることが大切。優れた技術を海外に発信できる人材が求められている。


都庁での「20時完全退庁」は、日本の働き方を変えるラストチャンスだという思いで指示を出した。


まずは発想を変えましょう。長く職場にいればいいんだという感覚を早く変えたい。ライフスタイルが変わることによって、仕事も効率も、そして人生も社会も変わってくる。


経済成長のエンジンとして、首都東京が担う役割はあまりに大きい。国際的な状況を踏まえ、「今回がラストチャンス」という危機感で、スピード感をもって進めていきます。


厳しい戦いであっても、理想を掲げて挑む人を、私は同志として応援していきたい。


飛び降りると自体が目的ではなく、飛び降りることによって流れをつくる。飛び降りて風を起こす。そこから変化が起きる。


必ず一歩前へ出る。崖から飛び降りたことで、私にも手痛い失敗の経験がありますが、そうした経験は現在の糧になっています。


チャンスは待っているだけでは来てくれません。自分で求めていく必要があります。それは自ら新しいステージを切り開いていくということです。


トップが率先して範を示すことは、組織を動かすための絶対条件。自ら範を示しつつ、改革を確実に前へ進める。


しっかりした改革を行うためには、外部からの目を入れ、高いレベルでの透明性と公正性を担保する必要がある。


無駄を削り、改革を進めていくためには、自らが身を切る覚悟と姿勢を示さなければならない。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

小池百合子の経歴・略歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

ページの先頭へ