小林一光の名言

小林一光のプロフィール

小林一光、こばやし・いっこう。日本の経営コンサルタント。「アイ・タッグ」社長。東京都出身。早稲田大学卒業後、日本交通公社(のちのJTB)を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブライフプランナー、営業所長を経て独立。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

小林一光の名言 一覧

1 / 11

相手目線で考えるということはつまり、「自分がそうされたらどうか?」と考えることでもある。


相手のニーズを先読みして喜ばせる。これはお客様に対してだけでなく、上司・部下に対しても当てはまる。


私が考える理想の営業とは、お客様が求めているものを私が引き出して解決すること。そのためには、常に相手の立場に立って考えることが大切。


ビジネスのうえでの先読みとは、相手が何を求め、次にどう動くのかを知ること。ただ次の仕事の段取りを考えているだけではダメ。まずは相手を知ることから始めましょう。


ビジネスの世界で大切なのは信頼関係。私のことをお客様が信頼してくれれば自然と商品は売れていく。だから私はセールストークは一切せず、お客様の悩みを聞き、その悩みが解決するように一緒に努力しています。


最初から「商品を売ってやろう」という意気込みはお客様に威圧感を与えるだけ。「もうあの人には会いたくない」と思われてしまいます。商品を売り込まないほうが、会ってくれる人が増えます。結果、売上げがアップするんですよ。


普通のセールスマンは「売りたい」「成績を上げたい」と自分中心で考えている。でも、それではお客様は警戒してしまう。私は常に相手中心で考えているので、商品は売り込まない。誰だっていきなり「保険どうですか?」と言われたらイヤですよね。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

小林一光の経歴・略歴

小林一光、こばやし・いっこう。日本の経営コンサルタント。「アイ・タッグ」社長。東京都出身。早稲田大学卒業後、日本交通公社(のちのJTB)を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブライフプランナー、営業所長を経て独立。

ページの先頭へ