小林りんの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

小林りんのプロフィール

小林りん、こばやし・りん。日本の社会起業家。「公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢」代表理事。東京出身。高校中退後、カナダに単身留学。全寮制のインターナショナルスクールを卒業。東京大学経済学部卒業。スタンフォード大学大学院国際教育政策学修士号取得。モルガンスタンレー日本法人、国際協力銀行、ユニセフ(国連児童基金)プログラムオフィサーなどを経てインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢を設立。

「job seeker(仕事を探す人)」ではなく、「job creator(仕事をつくる人)」にならないと、リーダーにはまずなれない。


リスクをとらないことがリスクでもある時代、ビジネスマンの危機に対する意識変革も大切。


企業にあっても多様性は重要な鍵になると思います。積極的に海外の人材を登用することで職場の雰囲気や企業文化に変化が起こってきますから。


今思えば、すべてが必要なことだったのだと思います。おかげさまでここまで来ることができましたから。


最初に派手に転んだからこそ、素晴らしい仲間と結果に恵まれました。順調に進んでいたら、一人の支援者の思いだけで学校のすべてが決まっていたかもしれません。


教育とは場の提供であり、成長のための種をまくことがISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)の使命だと想っています。


断られて、落ち込んだら、それで終わりじゃないですか。そこで終わらせないために、強い意志をもって楽観的に働きかけていく。


あえてリスクテイクする能力を開発していくには、人事制度を減点ではなく、加点方式に変えることが必要でしょう。あるいは、適切なインセンティブの設定によって、マインドに変化をもたらすこともできると考えます。


これまで、リーダーには問題解決能力が必要だとされてきました。しかし、未来のリーダーはそれだけでは不十分。社会が抱えている課題そのものを自ら見いだし、周囲を巻き込んで新たな事業やプロジェクトを起こしていく力。ゼロからイチを生み出す能力こそが、まず求められる。


私がこだわっているのは、「問いを立てる力」の育成。「自分は何に一番ワクワクするのか」「社会は何を求めているのか」。この2つの問いに対する答えを自分自身で探し出す力を養うことがリーダー養成には欠かせない。


世界が目まぐるしく変化を続ける中で、私たちは否応なく様々な国籍や文化、宗教観といった多様な価値観が渦巻く中での生活を余儀なくされています。これからの時代を担っていく若者たちには、課題の本質を冷静に見極め、自ら行動を起こしながら解を導き出していくリーダーが必要です。


駄目だといわれたけれど、それは私に対する批判ではなくて、純粋にビジネス的な見地から、こことここにリスクがあると指摘してくれたんだと冷静に考え、リスクを軽減することだけに意識を向ける。そしてそれをどうやって克服したらいいかという、前向きのエネルギーに変えていったんです。


断られてしまった、ということを気に病んでもしょうがない。この人、私のことを未熟だと思っているんじゃないかとか、相手の言葉のウラを読んでも仕方がないと思う。それよりも、いってもらったことを額面通りに受け止めて、この人はどうしてこのプロジェクトが上手くいかないと考えているのか、という事実だけに目を向けます。


目の前に立ちはだかる困難や意見の相違は、そのときは悲観材料かもしれない。けれど、逆にいえば、それを取り除きさえすれば、もしかしたらこの人もサポーターになってくれるかもしれない、いつかは協力をしてくれるかもしれないという、楽観できる未来に結びつける方法でもあるわけですよね。どちらと考えるかは、自分の意志次第だと思うんです。


世界が急速に変化する今、従来通りの教育を続けていたら、子供たちは将来、リーダーになるどころか、食いっぱぐれてしまう。「日本は変われる」ということを、私たち大人が未来を担う子供たちに見せてあげないと、手遅れになってしまう。そのためには教育改革を断固、やり抜く必要がある。


小林りんの経歴・略歴

小林りん、こばやし・りん。日本の社会起業家。「公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢」代表理事。東京出身。高校中退後、カナダに単身留学。全寮制のインターナショナルスクールを卒業。東京大学経済学部卒業。スタンフォード大学大学院国際教育政策学修士号取得。モルガンスタンレー日本法人、国際協力銀行、ユニセフ(国連児童基金)プログラムオフィサーなどを経てインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢を設立。

ページの先頭へ