小嶋淳司の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

小嶋淳司のプロフィール

小嶋淳司、こじま・あつし。日本の経営者。「がんこフードサービス」創業者。和歌山県出身。同志社大学経済学部卒業後、寿司屋での修行を経て「がんこ寿司」を開店。同社を和食レストランチェーンとして成長させた。そのほか、関西経済同友会代表幹事を務めた。著書に『儲かってまっか! がんこ流人育て心得帖』。

カン(勘)のない経営ほどあかんものはない。現場に立ち、どうしたらお客様が今より満足してくださるかを考える。カンはそこから出てくる。


我々経営者は、現場にどれだけ自分が関わっているのかを、もう一度しっかり見つめ直してみる必要がある。


大きな変化には、他社よりも早く、しっかりと対応していけば、大きなビジネスチャンスにつながる。


目の前で起きている潮流が、自分自身の商売に当てはまることか否か、(自社の)状況やスケールに応じて本質を誤りなく見抜くことが大切。


現場に立たなければいけない。商売には報告書や決算書などでは判断できない次元のものがある。


本業に徹していれば、その利益の何倍、何十倍という大きな信用の財産がついてくる。


チャンスは決して「これはチャンスですよ」という顔をして出てくるわけではない。大きな困難として現れますが、それを克服するからチャンスになる。


商売は、「人がやらないひと工夫をやってもう一歩前に踏み込めるか否か」、あるいは、「苦しくてもその場所に踏みとどまれるか否か」、そこに成果の差が出てくる。


自分たちは何を打ち出しているかを明確に意識していくことが大事。


社員に夢を現実のものとして考えてもらうためには結果を出すしかない。


お金もない、名前もない中でのスタート。自分にあるのは夢だけだった。


現場に立った時、「これはお客様のためにならん」と、すぐわかるかどうか。商売人はカンが働かなければならない。それにはお客様のために努力を続けていくこと。そうすれば、その能力は向上します。そして、自分自身の仕事の充足感も増していきます。


企業が大きくなると、どうしても数字、報告書、それから間接的な報告が多くなります。数値は過去のもの。報告書には失敗やマイナスになることは書かれず、反対に、良いことは誇張して書かれます。数字の中に現時点でどれだけ大きな問題点が含まれているのか、報告書の何割に本当のことが書かれているのか。現場のカンが働かなければわからないのです。


私はずっと飲食業でやってきました。そうして言えることは、「やっぱり本業一筋に、お客様を大事にしてきてよかったな」という思いです。他業態に魅力を感じることもありました。儲け話を持ちかけられたこともありました。しかし、そういう話に惑わされず進んだことが、大きな財産になっている気がします。


偶然だけではなく、努力だけでもない。運をも呼び込む。運も実力のうちというのはそういうことです。偶然ですら力になってくれる。運とは、現場で頑張っている人が、偶然の事象を自分の味方につけることをいう。


商売のいいところは、自分の努力が結果となって現れて判断されることです。商売だけは、たかだか高校生の青二才でも、結果で自分を実証できる。そういう世界です。商売ほど結果が出る面白いものはありません。


「あんたは会社が順調な時はつまらなさそうな顔をして朝出ていくのに、大変になると嬉しそうな顔をして出ていく」と家内が笑いながら言ったことがあります。嬉しそうな顔になるのは困難を乗り越えた先に喜びがあることを知っているからです。


難しいのは、お客様の感性というのはある日突然変わるんですね。私の店だけ見ましても、「年末まではこうだったな」という傾向が、年明けにはがらりと変わったりする。


私がお客様からいただく感想は、おいしいとかまずいとかいう味のことより「感じがよかった」。感動や人と人とのかかわり、つまり心で食べる時代になったのです。お客様が自分の感性に合う商品、時間、空間を要求される。しかも感性は千差万別です。


商売には、今やっていること、今起きている現象を短期的な利益で考えるのか、長期的な利益で考えるのかという視点が必要。今起きていることが本質的な問題なのかどうか、見分ける力をつけることが大切。


人口減少の問題は、何千店と全国展開しているナショナルブランドの商売なら、とらえないといけない問題です。でも、我々みたいな小さいスケールの商売には何の支障もありません。まずは自分たちが提供する商品を一生懸命磨いていき、それをお客様に認めてもらうこと。日本経済全体の話とは次元が違います。そこは間違ってはいけないところだと思います。


問題に真正面から向き合って乗り越えることができたら、その時はものすごく大きな経験になっている。それまで考えられなかったような力を与えてくれる。乗り越える壁があることほど、ありがたいものはありません。


「なぜ、私の店に来てくださるのか」「なぜ、その商品を買っていかれるのか」。お客様に直接尋ねたり、お客様を観察したり。すべてお客様とのやり取りの中で自分の商いをつくりあげていった。そうして、知らず知らずの間に「現場」「現実」「現物」のいわゆる三現主義が身につきました。


現場にいて、お客様やユーザーとの関係の中でいち早くニーズをつかみ取ることができるかどうかにかかっている。そのためにも現場に立たなければいけない。


変化が早く、しかも鋭い。お客様が多様な好みをぶつけてこられ、新たな付加価値を要求される。これをどうとらえるのか。面倒な時代が始まったと思うのか、あるいは、そのおかげで多様なビジネスチャンスが出てきたと考えるのか。そこには大きな違いがあります。


私が高校2年生の時に母が大病し、私が店を継ぐことになりました。兄姉たちはすでに家を出ていました。「高校中退になるかも」という人生のピンチではありましたが、「それでも店を閉めてはならん」と決意しました。振り返ってみれば、それが私のチャンスになりました。家業での経験が私を商売人にしてくれたのです。店では、商売のことを誰にも教えてもらえません。とにかく現場でお客様と接することでしか、身につけていく術はなかったのです。


私は、商品そのものの価値をもう一度しっかり見直すことが重要だと感じています。これまでは、製造工程技術の合理化、大量生産とコスト削減など、いわゆるプロセス・イノベーションが大きなテーマでした。でも、それもある程度できるようになりました。そこで次は、商品にどう付加価値をつけるのか、プロダクト・イノベーションの時代です。文化性、美術性、あるいは生活の感性に資するものかもしれません。そういうものを商品に付加することで評価される側面が従来以上に大きな時代になってきました。経営者はそのことをしっかり意識しないといけない時に来ていると思います。


第一次オイルショックの後、原材料がなくなり、ものの価格が高騰しました。その時、大阪の我々の業界では値段を上げざるをえない判断になりましたが、京都で何代も続く料亭は値段を全く変えませんでした。京都の店は、二百年、三百年と続く間にいろいろな変遷があり、大きな変動の中で生き抜いてきたからか、短期的な現象に左右されません。「京都の長期的な視点で生きる力というのは、大阪の我々とはずいぶん違うんだな」という思いで勉強させてもらったことがあります。


小嶋淳司の経歴・略歴

小嶋淳司、こじま・あつし。日本の経営者。「がんこフードサービス」創業者。和歌山県出身。同志社大学経済学部卒業後、寿司屋での修行を経て「がんこ寿司」を開店。同社を和食レストランチェーンとして成長させた。そのほか、関西経済同友会代表幹事を務めた。著書に『儲かってまっか! がんこ流人育て心得帖』。

ページの先頭へ