寺田寅彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

寺田寅彦のプロフィール

寺田寅彦、てらだ・とらひこ。日本の物理学者、随筆家、俳人。明治時代、東京出身、高知県育ち。東京帝国大学理科大学物理学科を首席で卒業。東京帝国大学理科大学大学院で理学博士を取得。東京帝国大学理科大学講師・助教授を務めたのち、ベルリン大学に留学。帰国後、東京帝国大学理科大学物理学教授に就任した。

災害は忘れた頃にやってくる。


いわゆる頭のいい人は、いわば脚の速い旅人のようなものである。人より先のまだ行かないところへ行きつくことができるかわりに、途中の道程、あるいはちょっとした脇道にある、肝心なものを見落とす恐れがある。


新着Tweet


おすすめ名言


寺田寅彦の経歴・略歴

寺田寅彦、てらだ・とらひこ。日本の物理学者、随筆家、俳人。明治時代、東京出身、高知県育ち。東京帝国大学理科大学物理学科を首席で卒業。東京帝国大学理科大学大学院で理学博士を取得。東京帝国大学理科大学講師・助教授を務めたのち、ベルリン大学に留学。帰国後、東京帝国大学理科大学物理学教授に就任した。

ページの先頭へ