孫正義の名言

孫正義のプロフィール

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

孫正義の名言 一覧

1 / 3123

本当の勇気は周到な用意の元に生まれる。用意の無い勇気を蛮勇という。


退却には攻撃の10倍の勇気がいる。退却の決断はトップしかできない。退却ではボコボコに非難される、やられる、恥ずかしい。これに耐える勇気がないと、もう戦えなくなる。


どんな素晴らしいビジョンを持っていても、命がけで闘わなくては実現には至らない。


我々が推進役として、世界中に情報革命を起こすのは何のためか。人々を幸せにするためです。「何のために」を忘れ去ってしまったのでは意味がない。


鮭は数千個の卵を産むが、帰ってくるのは2匹。


絶対に勝つのだ。「勝ちぐせ」をつけなくちゃいけない。一度勝ったら勝ちの味がわかる。


説得するのが一番難しい相手は、嘘のつけない自分自身である。


色々なことを言われるのは、意識していただいているということ。


日本の閉塞感というのは、これもダメあれもダメと愚痴を言う人は多いけれど、行動で示す人が少ないところからきていると思います。行動で示すのが我々事業家の一番の役割だと思うんです。


数字で考えるのではなく、数字を感じるレベルに達しなさい。


数字の裏付けのない資料の価値は、ゼロに等しい。


私は常に7手先まで読みながら碁の石を打っていく。まあ、分かる人には分かるし、分からない人には分からない。


目標は明確に口に出した方が良い。周りにコミットする事で自分を追い込んで行けるから。


僕は弱い男です。退路を断たないと、困難に立ち向かえん。


目標が低すぎないか?
平凡な人生に満足していないか?


ジャングルの道案内には、ジャングルを心から好きで住み着いているターザンのような人間のほうが、ネクタイをしている人よりもずっと頼りになる。


革命期には、命を投げ出してでも新しいパラダイムを切り拓いていかなければ、先頭を切るのは難しい。


常に道はある。「仕方がない」とか、「難しい」とか言う言葉を言えば言うほど解決は遠ざかる。


努力しても報われないなあと感じ嘆くとき、たいていの場合は、まだ本当の努力をしていない。


失敗は怖くない。年老いて失敗を恐れる己が怖い。


弱音は吐くものではない。呑み込むものである。


戦略というのは「総花的になんでもやります」ということでは人数の多いところ、カネのあるところに敵わない。一点集中するしかあと追いでは勝てない。


正しい数字を見ていれば正しい判断ができる。


自分一人のものが夢。みんなで共有できる夢が志だ。


情報交換、知り合うということが紛争をなくす一番の近道ではないか。


挑戦する者にのみ未来は拓かれる。


挑戦することで、初めて見えてくる景色がある。


人々の暮らしをより豊かにし、幸せを提供するのがソフトバンクの真の目的。


事業は30年しか続かないが組織は300年続く。


志を持て。それも出来るだけ高い志を。


困難に出会った時は全て正面突破。


10秒考えてわからないものは、それ以上考えても無駄だ。


坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。


5割の確率でやるのは愚か。9割の成功率が見込めるようなものはもう手遅れだ。7割の成功率が予見できれば投資すべきだ。


事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。


大事なことは、誰がなんと言おうと、一直線に志に向かっていくこと。


1年に1回、株主総会で株主に散々言われて襟を正すことが大事なんだ。そんな厳しいことを言ってくれるのは身内か株主くらいしかいない。


好むと好まないにかかわらず、常に世界を意識して、打って出なければ攻め込まれる。


若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、無理難題を体験すればするほど底力がついてくる。


やはり執念ですね。なにがなんでもと大きくしたいという強い執念が大切だと思います。


金が目的になってはならない。金はただの結果にすぎません。お金が目標になると本末転倒になってしまう。


裏技に頼ると大きくなれない。結局、正面突破していかないと本当に実力がつきません。


アメリカのように若くして成功した人を気持ちよく褒め称えるような風土が欲しいですね。そうでないとチャレンジしようという若者が続かないので、わが国の永続的発展に寄与しません。


我々の業界では、たまたまある技術を当てて、時代の流れでひのき舞台に上がった経営者もいますが、本当に底力がないと長くは続きません。


今できること、今やらなければいけないこと、今のうちから志しておかなければならないことを強く意識してください。

【覚え書き|新入社員に対して】


意地でやる奴はバカだと思え。退却できない奴はバカだと思え、退却できない奴はケチだと思え。そんなケチな奴がリーダーになっちゃいけない。それは無能というんです。


退却するのがどれほど勇気のいることか。これをやれた男だけが、初めてリーダーとしての資質がある。


言い訳は解決への執念を鈍らせる。


ビジネスプランは千通りつくってから来い。


情熱と市場があればローカルチャンピオンにもチャンスはある。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

孫正義の経歴・略歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

ページの先頭へ