大野直竹の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大野直竹のプロフィール

大野直竹、おおの・なおたけ。日本の経営者。大和ハウス工業社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大和ハウス工業に入社。特建事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

企業は先の先を見て、手を打っていく。それがひいては世の中の役に立つ。このことを根幹の企業にしていきたい。


経営者というのは、立ち止まったら負け。常に進化し続けられるようにしていく。


自分の仕事をあまり近視眼的に考えるな。辛抱強く、辛抱強く一生懸命やっていてごらん。そうすると、どこかで花開く。


いま求められているのは変革。いままでやっていた通りにやるな。


経済が不透明な状況だからこそ事業を変革して、広げていく。


企業は止まることができない。進化し続けられるかどうか、前進し続けられるかどうかが企業の存在価値としてのあるべき姿。


みんなに良かったと思ってもらえる形を考えていかないと、企業が成長し続ける方向にならない。


長い目で見てお客様から支持を受けることに重点を置いてやっていけば、いろいろな問題は解決する。


傲慢、横柄な態度では上手くいくものも上手くいかない。成果が得られるかどうかは、ひとえに当社自身の振るまい次第。


信頼の先に自然と結果はついてくる。


信頼される人間になれ。「この人に夢を託そう」と思ってもらえるような人間力を磨け。


組織運営においても人を大事にする姿勢が必要。


会社の商品の知識を勉強し、それをベースとするのは必要だけども、我々が望むのは、とにかく人間を磨く事だ。


思っていてもできないことはいっぱいありますよね。我々もたくさんのことを思いますが、その何分の一が実現できるかわかりません。ですが、思わない人間には絶対に何もできません。


常に挑戦者としてひとつひとつの事業に向かい、最大限の努力を惜しんではならないと肝に銘じています。


常にお客様から相談を持ちかけられるような強固な信頼関係を構築するとともに、サービスの内容を進化させ続けていくことが重要です。


住宅をコア事業とする私どもの会社には、住まいを建ててから、お客様との数十年にわたる長いお付き合いが始まるという意識が深く浸透しています。ですから、物流施設の建設にしても「ここまでやらなくてよいのでは」と言われるくらい、どうしても細部の仕上げまで気になってしまうのです。こうした住宅メーカーならではの配慮やアフターサービスへのきめ細やかな姿勢などはきちんと継承していかなくてはなりません。


これで満足とは思っていません。立ち止まることで、様々なことに気がつかなくなる状態を最も恐れています。変化を恐れず、進化を追い求める姿勢によって、つねに挑戦していかなくてはならないのです。


今年の連結業績予想で売上高2兆円が見えてきましたが、いまやその数字が社内で語られることはありません。ひとつの通過点にすぎず、役員や従業員の意識は次に向けた基盤づくりに向かっています。日本経済の先行きについては緊張感を持って見つめており、内部改革のスピードを緩めることはありません。


家を売りに来た営業マンが、人間的にもっと勉強したほうがいい、とお客さまが基準以下の評価をされる人ではモノは売れません。お客さまに、この人は若いけど、やる気があって、人間的にもレベル以上だよね、と思われたとき、初めて買っていただける。


仮に口に出して言ったことや夢が実現しないからといって、私の方からそれを叱咤するようなことはない。とにかく思うこと、いつかそれはできるようになる。ですが、思わない人、言わない人は永久にできない。


どんなにうるさい事を言っても、本質的には自由にやらせなければダメ。私自身、若い頃、自由に仕事をさせてもらいましたしね。勇気がないとダメ。僕ら経営陣が考えるのは、失敗のリスク、大きさです。それを計算した上でやれと言っているわけで、それが失敗しても大丈夫という意味です。


オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


尊敬する人は織田信長です。あの人だけが戦国の世にあって、日本を統一し平和にして、今までの悪い点を改革して新しい世をつくろうというビジョンを持っていた。本当に今までの世の中を変えたいと思ったリーダーであることは間違いない。


とにかく夢を持ってほしい。夢を持ったら、必ずそれを口に出す。自分の中でやりたいことがあれば何々をやりたいと言う。そうすると、それはいつの日にか使命になって、自分の約束になって夢になる。夢はいつか実現する。


昔、大和ハウスの社員が、他のグループ会社に対して威張っているという話を聞いたことがあります。それで「絶対そんなことはまかりならん」と言っているんですが、一緒に飲んで、仲良くなったら全然関係なくなります。


各事業部がそれぞれ数千億円位の売り上げを占めるようになると、事業部間の壁が高くなりかねない。それを支店とか支社とか、そういう段階でできるだけその壁を低くして、情報を共有化させるということがすごく大事。


今の事業がどのように広がっていくのか、どのように進化させていくのか。これを重点に考えて、各事業を考えよう。


今のビジネスモデルを踏襲するだけでは成長は難しい。どう事業領域を広げるかが大事。新領域はひょっとしたら隣の事業部に関わっているかもしれない。


社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。


気配りや配慮はものすごく大切。日本人の一番いいところですから。部下が、「いやぁ元気です」って言っても、こいつ、ちょっとこういう表情したよね、って。本当は元気じゃないのかもしれない。すると、元気でない理由を考えてあげないといけないし、彼が悩んでいる内容を解決してやって、働きやすくしてやるっていう、その事は、自分の営業所を運営する場合でも、すごく役立ちます。


お客さまは、嘘をつかれます。よく話すのが、夕飯時に奥さんが料理をしている。そこへ、大和ハウスの営業マンが電話をする。料理がまだ途中ですから、「うちは家のことは全然考えていません」と電話を切る。そうすると、営業マンのレポートは、Aさんは考えていない、となる。だけど、お客さまがその状況で発した言葉であって、心を言ってるわけじゃないんです。


我々が売る建物は、100円200円で買えるものじゃない。デパートで灰皿を買ってくるとか、そういう類のものではないんだから、結局お客様が選ぶときは、一生懸命をお選びになる。そうすると、この人は信用できるな、この人は熱意があるな、この人は若いけど違うなという人を選んできます。だから、あまり近視眼的に考えないこと。人間を磨きなさいと。若い人にはそう話しかけています。


新着Tweet


おすすめ名言


大野直竹の経歴・略歴

大野直竹、おおの・なおたけ。日本の経営者。大和ハウス工業社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大和ハウス工業に入社。特建事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ