大野和士の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

大野和士のプロフィール

大野和士、おおの・かずし。日本の指揮者。東京出身。東京芸術大学指揮科卒業後、渡欧。アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールで優勝。クロアチアのザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者・音楽監督、カールスルーエ・バーデン州立劇場の音楽総監督、ベルギー王立歌劇場音楽監督、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者、東京都交響楽団音楽監督、バルセロナ交響楽団音楽監督などを歴任。数多くの賞を受賞。

指揮者は劇場の顔だ。劇場運営の戦略を立てる立案能力やプレゼン能力が求められる。例えば美術館と劇場で同じテーマを設定して、芸術を横方向に広げていく。そういう意味では日本の舞台芸術はまだまだ「点」。それを「線」にしていくことが大切だ。


大野和士の経歴・略歴

大野和士、おおの・かずし。日本の指揮者。東京出身。東京芸術大学指揮科卒業後、渡欧。アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールで優勝。クロアチアのザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者・音楽監督、カールスルーエ・バーデン州立劇場の音楽総監督、ベルギー王立歌劇場音楽監督、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者、東京都交響楽団音楽監督、バルセロナ交響楽団音楽監督などを歴任。数多くの賞を受賞。

ページの先頭へ