大迫忍の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫忍のプロフィール

大迫忍、おおさこ・しのぶ。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」社長。大分県出身。中央大学文学部卒業後、父が創業した善隣出版社(のちのゼンリン)に入社。その後、社長を務めた。地図の電子化を進め、カーナビや電子地図で同社をトップメーカーへと成長させた。

同族経営はいずれ弊害を生む。


やめる時期は早い方がいい。年を取ると老害になる。


大迫忍の経歴・略歴

大迫忍、おおさこ・しのぶ。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」社長。大分県出身。中央大学文学部卒業後、父が創業した善隣出版社(のちのゼンリン)に入社。その後、社長を務めた。地図の電子化を進め、カーナビや電子地図で同社をトップメーカーへと成長させた。

ページの先頭へ