大原光秦の名言

大原光秦のプロフィール

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

大原光秦の名言 一覧

1 / 11

ノルマはムダの根源。ノルマの問題は、「他人に協力をしないこと」。今は市場が縮んでいる時ですから社員が一丸となって、しっかりとお客様の信頼を得なければ選んでもらえない。


マニュアルを用意していないのは、社員がその場その場で自分で考えてお客様に真摯に対応してほしいから。真正面から付き合わないと、信頼なんて生まれませんから。


マニュアルがないと当然うまくいかないことが増えますが、それでいいんです。「どうすればいいんだろう」と自分で考えて行動することが大事。悩んだり先輩に相談したりしていく中で人間性が磨かれます。結果として、仲間やお客様といい人間関係を築く力が養われ、成果にもつながっていきます。


ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


全員が協力し合うには、1人で飛び込み営業する販売スタイルではムリ。お客様が来たくなるショールームをみんなで追求してきました。クルマを置くより、くつろいで過ごせる空間を増やしたほうがいい。それもスタッフが繰り返し話し合って決めたことです。みんなで決めるからこそ、スタッフ自身が工夫を凝らし、少しずつ楽しい場になっていきます。ショールームではパーティーやイベントもよく開催します。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

大原光秦の経歴・略歴

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。

ページの先頭へ