大久保治仁の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

大久保治仁のプロフィール

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


経営者と同じように、コンサルタントにも「覚悟」と「志」が必要不可欠。


私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。


コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。


何が原因でうまくいかないのか。どうすれば生産性が上がるのか。現場の社員と膝詰めで対話を行う。中には「コンサルタントに何が分かる!」と罵詈雑言を浴びせる人もいます。しかし「原因は分かっているんですよね。では、それをやってみましょうよ」。この当事者意識の植え付けが大事なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

大久保治仁の経歴・略歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

ページの先頭へ