夏目漱石の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏目漱石のプロフィール

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

焦ってはいけません。根気づくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。


もし途中で霧か靄(もや)のために懊悩していられる方があるならば、どんな犠牲を払っても、ああここだという掘当てるところまで行ったらよろしかろうと思う。


万里の道を見ず、ただ万里の天を見る。


現下(今)の如き愚なる間違ったる世の中には正しき人でありさへすれば必ず神経衰弱になる事と存候(ぞんじそうろう)。もし死ぬならば神経衰弱で死んだら名誉だろうと思う。時があったら神経衰弱論を草して天下の犬どもに犬である事を自覚させてやりたいと思う。

【覚え書き|神経衰弱で休養している教え子の鈴木三重吉への言葉】


夏目漱石の経歴・略歴

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

ページの先頭へ