坂本光司の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本光司のプロフィール

坂本光司、さかもと・こうじ。日本の経営学者(専門は地域経済論、地域企業論)。法政大学経営学部卒業。浜松大学経営情報学部教授、浜松大学大学院経営学研究科教授、福井県立大学地域経済研究所教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授、静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科教授、福井県立大学地域経済研究所招聘教授、法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授、静岡県立大学経営情報学部客員教授、法政大学大学院政策創造研究科教授などを歴任。著書の『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズは45万部以上のセールスを記録した。

会社の将来は、中枢である若い方々が正しいモノサシを持って活動するかどうかにかかっている。


大切なのは、いまの仕事を何のために、誰のために行っているかということ。


社風を変えるうえで大きな役割を果たすのが、経営陣や幹部社員の言動。


個人の成長の総和が会社の成長。まずは社員一人ひとりが「あの人でないと」と言われる高付加価値の人材になるように努力すること。


それ(不況だから業績が振るわないという言葉)は駄目な経営者の言い訳にすぎません。苦境から脱出するための戦う努力を怠っているからです。


助けて欲しいと血を流すような思いをしている会社が目の前にあります。僕にとっては毎日が学者としての戦いなのです。彼らが生き抜く術を考えなければならないからです。


赤字を出してリストラした企業は、経営者の再教育訓練を行う必要があります。リストラするなら、まず社長と役員の報酬を返上すべきです。経営者の意識を変えなければなりません。


残業をしなければならない会社というのは、それだけ競争力が弱いということ。不況だろうが、為替レートが変動しようが、赤字にならない。そういう競争力の強い会社は、月の残業時間が10時間以下なのです。1か月の営業日が20日だとすると、1日平均30分以下。実質的には残業がないと言っていいでしょう。


今の時代、会社で大切なのは「5人を幸せにする責任を果たす」こと。5人とは、「社員とその家族」「社外社員(下請け・協力会社の社員)とその家族」「顧客」「地域住民、とりわけ障害者や高齢者」「株主・出資者・関係機関」。この5人を幸せにできている企業は業績が良く、その会社を訪問すると、社員が真剣に仕事をしていて、表情が生き生きしています。


坂本光司の経歴・略歴

坂本光司、さかもと・こうじ。日本の経営学者(専門は地域経済論、地域企業論)。法政大学経営学部卒業。浜松大学経営情報学部教授、浜松大学大学院経営学研究科教授、福井県立大学地域経済研究所教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授、静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科教授、福井県立大学地域経済研究所招聘教授、法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授、静岡県立大学経営情報学部客員教授、法政大学大学院政策創造研究科教授などを歴任。著書の『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズは45万部以上のセールスを記録した。

ページの先頭へ