土倉庄三郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

土倉庄三郎のプロフィール

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

勤倹質素を旨とし、徳を積んで他の者を感化せよ。


儲けた金の三分は人に儲けさせよ。


慎み深く、へりくだらなければならない。主人は一家の模範であるから、ほかの者よりもより多く勤労せよ。


財産の三分の一は国のため、三分の一は教育のため、三分の一は自分の仕事のために使う。


新着Tweet


おすすめ名言


土倉庄三郎の経歴・略歴

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

ページの先頭へ