和田秀樹の名言

和田秀樹のプロフィール

和田秀樹、わだ・ひでき。精神科医、臨床心理士、カウンセラー、作家、評論家、受験アドバイザー、学習塾経営、映画監督など多方面で活躍した。大阪出身。東京大学医学部卒。『大人のための勉強法』『数学で考えれば仕事がうまくいく』『40歳から何をどう勉強するか』『大人のための試験に合格する法』ほか多数の著作を執筆。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

和田秀樹の名言 一覧

1 / 41234

簡単に目標を諦めなくていい。目標の達成法はひとつじゃない。こうしたいと思ったときに、まずどんなルートがあるか検討すべき。いい意味で「抜け道」もある。


チャンスがないと嘆く人が多いけど、機会は何年かに1度は訪れるものです。でも、準備をしてなければせっかくのチャンスに対応できない。


最初に決めた予定に振り回される必要はない。実行過程で、様々な想定外の要因が出て、修正するほうが当たり前。


優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる。ダメな人ほどいままでやってきたこと、言ってきたことに縛られて沈んでいく。


企業も個人も、与えられている資源と時間は限られています。だからこそ上手にやめて、選択と集中を心がけないと、生き残れない。


ムリやり、周りに合わせた能力を持っても差をつけにくい。ほかの人と違う取り柄を持てば市場価値は上がる。人がマネしにくいスキルのほうが高く評価され、長続きする。


自分の能力を人と同じ基準で競っているうちは芽が出ない。他人が決めた尺度での勝ち負けで現状打破は難しい。現状を突破するのは、自分の尺度。


いい情報を持っている人ほど、情報を人に教えることを惜しまない。


情報に騙されない方法は2つ。「過去事例をチェックすること」「両論を見てバランスを取ること」。


ときに人脈を使って情報の真実を確かめることも重要。そのためには日頃から人脈づくりにお金と時間を惜しんではいけない。


自分を活かすためには、努力が必要。そして、努力を続けるには、目標を設定したほうが伸びる。


物事はうまくいくか、失敗するかわからないからチャレンジなんです。絶対にうまくいくとしか考えないのは、自己満足でしかありません。


一匹狼になることを恐れてはダメ。他人と同じでは下流から抜けられない。上流を目指すなら、どうすれば勝てるのかを考えて、人と違うやり方をすることから夢が広がる。


ビジネスを発想するときは、「こんなものがあったらいいのに」「こういうサービスがほしい」という、人間の欲望が出発点になる。


やる気を出すのに必要なのは、まず目標。目的地も決めずにただ走る続けるのはつらい。


頑張ることを放棄した時点で、あなたの未来はなくなる。


やる気や目標というのは、ある程度遊ばないと出てこないもの。だけど、最近ではその遊び方すらわからないビジネスマンが多い気がしますね。


スランプのときは得意な仕事で成果を出しましょう。野球選手も、スランプのときほど、絶好調時のフォームを思い出して、自信を取り戻すといいます。


デフレ期は発想を転換して、他の人がやっていないことをやらないとお金にならない。


ほかの人と同様に、ひたすら安さだけをありがたがっていては、いつまで経ってもヒットに繋がる発想は浮かばない。


お金持ちの強みは、トラブルに強いだけでなく、そこから学べることです。トラブルや失敗の経験をプラスにしていく。


トラブルを楽しんで次に生かすのがお金持ち。落ち込むだけで終わってしまうのが貧乏になる人。経験は次に活かさないと。


頭のいい人というのは、物事を予想できる人のこと。そうなるにはたくさん失敗しなければならない。


日頃から、あらゆるリスクを予測する訓練を積めば、トラブルの見積もり感覚は磨けます。小さなことから始めればいい。


心理学的には人は「相手の長所」を意識しやすいもの。だから、賢い人は、自分の長所を上手く見せる。いい面を見せることが成功のためのポイント。


人間は時間が多くあると思っているうちは、その使い方や効率を意識しにくい。


景気の悪いときはちょっとしたことで人に感謝されたり、喜ばれたりする。人間関係を築くには、不景気なときほどチャンス。


こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。


旅行はビジネスのヒントになる。売れそうな商品が世界中にあふれている。


上司から見れば、完璧でつけ入るスキのない部下はかわいくない。ちょっと抜けたところがあるくらいでちょうどいい。


生活水準が上がったら堕落するなんてウソ。自分で上げた生活の水準を守るために稼ぐ努力を続けられるかの違いだけなんです。


私はまだまだやりたいことはあるし、やるつもりでいる。そのためには一匹狼を気取るべきではない。


伸びる人というのは、どこか余裕がある。それは「逃げ場」があるということ。一つがダメになったからと言ってすべてがダメではない。仕事も人間関係も複数の世界と価値観を持っている。


人事は下の人たちの評価を非常に重視している。部下の評判が悪いとなると、管理能力や指導力に問題ありとされる。だから威張らないこと。


40歳以降、立場が上になっても伸びている人って基本的に腰が低い。自分に自信のある人ほど「頭をたれる」。自信のない人ほど地位や肩書を逆手に取って下に尊大に振る舞う。


結局は場数。仕事以外の様々な活動や集まりで旗振り役を買って出て、リーダー的な活動をしておくことも役に立つ。


「こういう視点もあるよ」と提示するための極論もいい。「それもありえるかも……」と考えることで想定パターンが広がる。


すぐに決断できる人、気の利いたコメントができる人が頭がいいように見えます。でも、多面的に熟考せず、一面的に断定するのは「単純認知」の世界。複雑化する社会では通用しません。


仮に最悪に感じる上司であっても、彼を見返すためにあなたが必死で頑張って自分の力が伸びたのなら、その人物は「悪い上司」ではないのかもしれません。


上司を分析して発見したポイントは、マネできるならドンドン取り入れればいい。その会社の中で、即評価に結びつくものであれば、周囲のあなたを見る目は変わってきます。


外交もビジネスも完全な予測など成り立たない部分では一緒。常に複数の選択肢を用意しておかなければならない。状況が変わったら打つ手がなくなるようなスタンスは極力避けるべき。


日本が世界から見て特殊な国であってもいいはず。一律の規制から文化や技術を守る意味は大きい。外界を遮断したガラパゴスの環境は独特の価値を育む。


いまの時代、ネットを始めとして情報が溢れすぎている。そんな環境で知恵を絞っても、新しい発想は生まれにくい。自分で考えているつもりでも独自性が出ない。必要以上に情報を入れないほうがいい。


あなた自身が情報の発信者になりましょう。発信する立場になれば、情報の集め方や見せ方がわかる。簡単にはダマされないメディアリテラシーも磨かれます。


体験に勝る一次情報はない。自分自身が美味しかったというデータは1番確実。


自分の収入を、労働時間で割れば、時給がわかります。その時給を意識すれば、こなすべき仕事に優先順位がつけられるはず。


買った本は必要なところだけ読めば十分。読みたくない文章を時間をかけて読むことほどバカらしいことはない。


日本人の悪いクセだと思うのですが、時代が変わったという話になると、必ずそれまでのやり方を全否定してしまう。


皆にウケることをやろうと思っても売れない。ネットの世界では対象を絞ればその分野にはお金を出してもいいという人があちこちに点在する。


まずは5分単位で仕事してみましょう。すると集中力がつきます。時間をかけたからといって良い仕事ができるわけではありませんよ。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 41234

和田秀樹の経歴・略歴

和田秀樹、わだ・ひでき。精神科医、臨床心理士、カウンセラー、作家、評論家、受験アドバイザー、学習塾経営、映画監督など多方面で活躍した。大阪出身。東京大学医学部卒。『大人のための勉強法』『数学で考えれば仕事がうまくいく』『40歳から何をどう勉強するか』『大人のための試験に合格する法』ほか多数の著作を執筆。

ページの先頭へ