吉田知明の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田知明のプロフィール

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

早いうちから将来のお金についてプランを設計して行動に移すことが欠かせない。


どうせ働くなら、仕事は楽しい方が良いに決まっています。一人の人間として充実した生活を送ることができ、明るい将来像を描ける会社にしていきたい。


毎年11月に行っている社内運動会は、私自身も楽しみにしている、非常に盛り上がるイベントです。エリアごとにチーム分けを行うと一体感が生まれ、普段の仕事にも良い影響を与えてくれます。


どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。


グループ内のすべての関連企業は学習塾を経営するために存在している。


学生時代、家庭教師で担当した生徒の成績が上がったら、保護者が涙を流して喜んでくれた。自分の仕事に対して、他人が涙を流してくれる経験は、そんなにあるものではありません。この仕事をしていると、何度でもその機会があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田知明の経歴・略歴

吉田知明、よしだ・ともあき。日本の経営者。個別指導塾スタンダードを展開する「SCホールディングス」社長。鳥取県出身。大学卒業後、家庭教師のトライを経て家庭教師派遣事業を開始。その後、個別指導塾スタンダードを開業。

ページの先頭へ