吉冨学の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉冨学のプロフィール

吉冨学、よしとみ・まなぶ。日本の経営者。ラーメンチェーンの一蘭社長。福岡県出身。第一経済大学卒。19歳のときにアルバイトとして食堂の開業に携わり、立ち上げの実務を学ぶ。その後、ファミコン販売業を起こし失敗、人材派遣業を起こしある程度の成功を収める。一蘭の常連であった縁で初代店主夫婦から店とのれんを引き継ぐ。軌道に乗っていた人材派遣業を部下に譲り、一蘭を全国チェーンへと成長させた。

人の成長には「人との出会い」「出来事との出会い」「本との出会い」が必要。


苦境に陥ったとき、本から多くの学びをえるとともに、奮起するパワーをもらい、精神的にも助けられた。本はその気になれば、いつでも出会える。


企業理念は確かに私が作りました。でも、それに賛同するのなら、リーダーは誰でもいいんです。一蘭は、私の所有物じゃないんです。


うちの社員は知識労働者でなければいけないと思っているんです。会社はイノベーションを続けていかないと衰退していきます。そのアイデアを出す社員が、本を読むのは当然じゃないですか。
【覚書き|一蘭本社に図書室があることについて語った言葉】


精神的に追い詰められていたので、走り続けることで苦しみを忘れようとしました。あとは、経済や経営の本を読み続けること。そうすると、多くの本が同じことを言っている。利益ばかり考えていては駄目で、人の心を重視すべきだと。


おいしいラーメンと金儲け、この二つを追っていました。儲かったんだから、贅沢してもいいじゃないかと。部下にも高い給料を払っていたし。でも、社長が金に走ると、部下も金の亡者になるんですね。
【覚書き|幹部が新しいラーメンチェーンをつくるため、社員を大量にひきつれて出ていってしまった事件を振り返った言葉。これ以降、おいしいラーメンを売るという原点に立ち返って一蘭は盛り返した】


会社の成長にはイノベーションが必須ですが、社長一人では限界がある。全社員が本を読み、豊かな知識を得ることができれば、イノベーションにつながるアイデアが生まれるはず。
【覚え書き|社員が読書をする仕組みをつくったことについて】


吉冨学の経歴・略歴

吉冨学、よしとみ・まなぶ。日本の経営者。ラーメンチェーンの一蘭社長。福岡県出身。第一経済大学卒。19歳のときにアルバイトとして食堂の開業に携わり、立ち上げの実務を学ぶ。その後、ファミコン販売業を起こし失敗、人材派遣業を起こしある程度の成功を収める。一蘭の常連であった縁で初代店主夫婦から店とのれんを引き継ぐ。軌道に乗っていた人材派遣業を部下に譲り、一蘭を全国チェーンへと成長させた。

ページの先頭へ