古河市兵衛の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

古河市兵衛のプロフィール

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

人間の一生は第一が「運」ですな。その次が「鈍」。それから、「根」。


よく人間は「運鈍根」が成功の秘訣だという。大きな運は利口ぶってちょこまかすると運の方が逃げ出してしまう。生まれつきの鈍でも構わない。百も承知、二百も合点の鈍でもよいが、その鈍を守りきるには、どうしても根がなければならない。


古河市兵衛の経歴・略歴

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

ページの先頭へ