古川禎久の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

古川禎久のプロフィール

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

リーダーシップは結局のところ、決断する勇気、責任をとる覚悟。


危機管理は、常に最悪の事態も想定し、あらゆるオプションを検討しながら、その都度決断を下すものでしょう。最悪の事態を想定しない危機管理なんて最悪ですよ。


優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。


古川禎久の経歴・略歴

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

ページの先頭へ