卯木肇の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

卯木肇のプロフィール

卯木肇、うのき・はじめ。韓国放送チューナーメーカーHUMAXの日本法人ヒューマックスジャパン社長

日本人は円とドルだけですべてを語ろうとするが、世界にはいくつもの通貨がある。輸出の基本は、安い通貨圏から高い通貨圏へ売ることだ。
【覚書き:円高が進んで日本の多くの経営者がひるんでいた時期の発言】


サムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)がセールスの第一義なのです。これは、今流にいえばニッチです。ただ、トランジスタラジオのように最初はニッチ商品であっても、次第に大きく成長し、ニッチではなくなる商品もあります。


ソニーには自由闊達な空気が流れていて、常にサムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)を追求してきた歴史があります。自分なりの商売の王道に手を入れることができたのも、そうしたソニーの風土が大きく影響していると思うのです。


卯木肇の経歴・略歴

卯木肇、うのき・はじめ。韓国放送チューナーメーカーHUMAXの日本法人ヒューマックスジャパン社長

ページの先頭へ